志村魂

  • 2018.07.19 Thursday
  • 03:32










念願の志村けんさんの舞台チケットを


譲ってもらいました。










夏休み 祖父母といつも見ていた


「全員集合!」の思い出。








志村魂2018
大阪公演
2018年
727日(金)〜30日(月)




(写真は、羨ましい柿谷選手)











//////////////////////












失敗なく


日付けを合わせてくださいね。













もちろん ストーンズより ビートルズ。













🐶















PS:







2018シーズン開催の8月のホームゲームで選手が着用する「Limited Uniform(リミテッドユニフォーム)」の3次予約をご案内いたします。
今回の予約期間をもちまして、セレッソ大阪オンラインショップ・メガストアでの背番号およびネーム加工の受付は終了となります。
まだ、ご予約されていないお客様もこの機会にぜひお買い求めください。

※3次予約期間を過ぎましたら、背番号&ネームの受付は終了となり、「加工なし」のみの販売となります。
※試合時、選手はフィールドプレーヤーのみの着用となりますが、ゴールキーパー背番号の加工も受付いたします。
※着用予定日は、8月1日/8月15日/8月25日の3試合となります。









1次予約特典 限定オリジナルトランプ
※6月15日時点の在籍選手がデザインされたものとなります。



http://shop.cerezo-osaka.jp/special/2018_summer/













狂言

  • 2018.07.19 Thursday
  • 00:26










(1)


1983年、オランダの首都アムステルダム。事業に行き詰まっていた会社経営者のコル・ヴァン・ハウト英語版は、幼なじみの親友で妻の兄でもあるヴィレムをはじめとする仲間と結託し、世界的ビール製造会社「ハイネケン」の経営者で大富豪フレディ・ハイネケン英語版の誘拐に成功する。しかしその後の身代金交渉は遅々として進まず、人質でありながらも老獪で傲慢なハイネケンにコルたちは翻弄され、強い絆で結ばれていたはずの仲間たちの間に溝が生まれ始める。結局コルらは身代金を獲得しハイネケンは解放されるが、オランダ警察の捜査の手はコルらに伸び、メンバーが次々と逮捕され始めた。残ったヴィレムとコルは、ヴィレムの馴染みの女がいるパリに逃亡するが、コルが妻と電話で連絡を取ってしまったために潜伏先がばれてしまい、そこから逃げ出そうとしたところで2人はあえなく逮捕される。こうしてコル達犯人グループは全て逮捕されて服役、その後10年以上の刑期を終えて出所するが、強奪された身代金の一部は今も所在が不明のままである。そしてかつては親友同士だった仲間が全員揃うことはなく、大金と引き換えに仲間たちの絆は完全に崩壊していた。それは監禁中のハイネケンがコルらに予言していたことだった。











(2)



1973年7月のローマ。犯罪者たちの用意周到な計画に基づいてジョン・ポール・ゲティ3世が誘拐されるという事件が発生した。犯人たちは、当時フォーチュン誌によって”世界一の大富豪”に認定されたゲティオイル社社長の石油王のジャン・ポール・ゲティに孫の身代金1,700万ドルを要求したが、彼は支払いを断固拒否する。表向きは「もしここで身代金を支払ったら、他の14人の孫たちも金目当てに誘拐されるかもしれん」という理由ではあったが、総資産50億ドルとも言われるゲティは極端な吝嗇家としても知られていた。その裏で元CIAの交渉人チェイスを呼び寄せ、孫の奪還作戦を指示する。

余裕飄々としているゲティとは対照的に、3世の母親であるアビゲイル(ゲイル)は息子が殺されるかもしれないと怯えていた。ジョン・ポール・ゲティ2世との離婚で既にゲティ家を離れていたゲイルには身代金の支払いは不可能であった。一方で警察やチェイスはゲティ3世もしくはゲイルによる狂言誘拐を疑い始める。ゲイルの一挙手一投足を報道しようとマスコミが付きまとい、事件は世界中を巻き込んで加熱していく中、ゲティ3世の切り取られた耳が新聞社に送り付けられるという事態が発生する。









//////////////////////












(1)


この時代の人達、









(2)


金に狂っていたのかもね。












(3)


フィリピン🇵🇭に続き、タイ🇹🇭もご注意。



















PS:









(3)



かつてヤクザの組長を務めた龍三は息子・龍平のもとで隠居生活を過ごしているが、「ヤクザの息子」と白い眼で見られていた過去から息子一家は龍三を煙たがり、家庭の中でも窮屈な生活を送っている。連休に龍平が妻の実家へ帰省、留守を預かる最中に半グレ「京浜連合」からオレオレ詐欺の電話がかかる。示談金が揃えられない龍三は元子分のマサと詫びとして指つめを行おうとするが、受取人は恐れをなして逃げ出す。その夜、かつての仲間だったモキチが京浜連合とトラブルを起こす現場を目撃して助太刀するが、マル暴の村上刑事が間に入り事なきを得る。龍三はマサとモキチを自宅に連れ込むが、会社のトラブル対応のために帰宅した龍平に見付かり、自宅を出て行く羽目になる。

マサの部屋に居候することになった龍三は、かつてのヤクザ仲間や敵対した組長たちを呼び集め、京浜連合に対抗するための新しい暴力団を結成しようとする。しかし、集まったメンバーが全員組長・幹部クラスだったため、過去に起こした犯罪(殺人・傷害・懲役年数)をポイントに換算した結果、一番ポイントが高い龍三が組長に決まり、新組織「一龍会」を結成する。龍三は過去に恩を受けた榊会長の息子への挨拶を終えた後、京浜連合の徳永と遭遇し、彼の借金取り立てのやり方に腹を立て、京浜連合の本社に乗り込む。龍三たちは京浜連合ボスの西に仁義を切るが、彼はマル暴の村上を呼び龍三たちを追い出してしまう。村上から警告を受けたものの龍三は意に介さず、かつての縄張りを取り戻し京浜連合の商売を邪魔していく。

一龍会の存在を邪魔に感じ出した西は下っ端の石垣に、彼の恋人でモキチの孫娘でもある百合子を連れ去るように命令する。しかし、石垣は百合子を守るため二人でモキチに助けを求める。百合子に危害を加えられそうになったモキチは激怒し、一人で京浜連合の本社に乗り込み西を狙うが捕まってしまい、西に殺されてしまう。子分を殺された龍三は報復するため子分たちを引き連れ、京浜連合の本社に乗り込む。一龍会の本気を見て恐れをなした西たちは車で逃げ出すが、龍三たちはバスを乗っ取り西たちを追いかける。追い詰められた京浜連合のメンバーは龍三たちに殴り倒され、駆け付けた村上に詐欺罪で逮捕されるが、暴力団を名乗った龍三たちも逮捕されてしまう。連行される中、マサは「今回の件でポイントが貯まったから、出所後は自分が組長になる」と語り、龍三は「出所するころには全員死んでるよ」と言い返す。













EX)







シーア派聖地でデモ隊暴徒化 イラク、再び混乱の恐れ



イラク南部の油田地帯バスラなどで、電気や水道の公共サービスが行き届かないことなどへの抗議デモが起きている。比較的治安が安定していたイスラム教シーア派の聖地ナジャフでもデモ隊の一部が暴徒化し、空港が一時閉鎖される事態となった。昨年末に過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討終了を宣言し、復興途上にあるイラクだが、再び混乱に陥る恐れが出ている。

 デモは8日に始まり、首都バグダッドなどにも広がった。地元報道によると、これまでに治安部隊による銃撃などでデモ参加者8人が死亡、100人以上が負傷した。

 イラク南部では夏場の気温が50度に達することもあり、電力や水の不足、政治家の汚職や失業への抗議が起きていた。政府が改善策を約束しても停電や断水は頻発している。










Remember Me

  • 2018.07.18 Wednesday
  • 16:37











遠い昔、メキシコのサンタ・セシリア出身のある男が、音楽家になる夢を追いかけて家族を捨てる。残されたその妻ママ・イメルダは音楽を嫌うようになり、家庭に「音楽禁止の掟」を立て、習得した製靴で一人娘のママ・ココを育てる。製靴業は掟と共に代々引き継がれ、リヴェラ一族は靴屋として繁栄する。当のココは存命ながらも耄碌著しく、遙か昔に逝去した父のことばかり言っていた。そのひ孫で12歳のミゲル・リヴェラは他の家族と同様、靴屋を継ぐことを期待され、音楽はやるどころか聴くことすら禁じられていたが、密かにミュージシャンを志していた。彼が信奉するエルネスト・デラクルスは同郷の伝説的ミュージシャンで、『リメンバー・ミー』など誰もが知るヒット曲を連発するも、1942年にステージ上で曲を披露している最中に事故で亡くなった。ミゲルは家族に隠れて屋根裏に彼のグッズを並べ、自作のギターで彼の曲を弾いていた。

そして年に1度、他界した先祖が家族に会いにやって来るという「死者の日」、リヴェラ家でも先祖を迎える準備をしていた。自宅の祭壇には先祖の写真が飾られ、その中には幼き頃のココが入った家族写真もあったが、家族を捨てたという父の顔の部分は破られていた。そこでミゲルはその高祖父が持つギターがデラクルスのものと同じであることに気付き、高祖父はデラクルスだと思い込む。これに沸き立った彼はその写真を持ち出し、街の音楽コンテストで自分の演奏を披露しようと決心するが、それを発見した祖母エレナにギターを破壊される。諦めきれないミゲルは家を飛び出し、ギターを調達すべくデラクルスの霊廟に忍び込み、彼のギターを手にする。ところがそのギターを弾いた瞬間から、死者が骸骨の姿で見えるようになり、逆に生者からは自分が見えなくなってしまう。

ミゲルはその場に居合わせたリヴェラ家の先祖達と共に死者の国へ行き、なぜか生者の国へ行けずにいた高祖母のイメルダに解決策を請うと、「死者の日に死者の物を盗んだ生者は死者の国に飛ばされる」「生者が死者の国で日の出を迎えると帰れなくなる」「生者の国の祭壇に写真が飾られていない者は死者の国から出られない」といった掟を伝えられる。そして、生者が死者の国から帰るには、先祖に許しをもらうだけでいいという。イメルダはミゲルに写真を祭壇に戻すよう告げ、許しを与えようとするが、「二度と音楽をしない」という条件を付けたため、ミゲルは代わりにデラクルスに許しをもらおうとその場から逃げ出す。すると、自分をデラクルスの友達だと言い張る男ヘクターと出くわす。彼はまだ存命の娘に会いたいと願っていたが、誰も彼の写真を飾っておらず生者の国に行けずにいた。ミゲルの話を聞いたヘクターは自分の写真を彼に渡し、デラクルスへの対面を手伝う代わりに生者の国で自分の写真を飾るよう頼む。

死者の国でも開催されている音楽コンテストで優勝すれば、デラクルスの豪邸で執り行われるパーティーに招待されると知った彼らは、手始めにヘクターの友人にギターを借りに行くが、そこで、生者の国で誰からも忘れられると死者の国からも消滅してしまうという「二度目の死」を目にする。ミゲルは、寂しく消滅してしまったヘクターの友人が遺したギターを手に、コンサートで『ウン・ポコ・ロコ』をなんとか演奏し切り、大喝采を浴びるが、リヴェラ一族がコンサート会場にミゲルを捜しに来たため、表彰式を待たず逃げ出す。更にミゲルは些事でヘクターと喧嘩をし、単独行動を取る。当てもなくデラクルスのパーティー会場に来たミゲルは、コンテストで優勝したバンドの手助けで会場に忍び込み、遂にデラクルスと対面する。彼も自分の玄孫に会えたことを喜び、ミゲルに許しを与えようとする。

その時、2人の前にヘクターが現れ、ある真実が明かされる。ヘクターは生前、デラクルスと共に音楽活動をし、そこで作詞作曲をして旅をしていたが、ヘクターがこれをやめて家族が待つ故郷へ帰ろうとすると、デラクルスは彼を毒殺し、その後は彼が遺したギターや、娘のために書いた『リメンバー・ミー』など数々の曲を自分のものと偽って活動していたのである。デラクルスは生者の国でこれが明かされないようミゲルが持っていたヘクターの写真を奪い、2人を町外れの地下洞窟に落とす。ヘクターが絶望の中、思い出として語った娘の名は「ココ」。即ち、ミゲルの本当の高祖父はデラクルスではなくヘクターであったのである。ヘクターが生者の国に行こうと必死だったのも、ココが父を忘れかけており、ヘクターに二度目の死が近付いていたからであった。そこへミゲルを捜していたイメルダが空飛ぶアレブリヘ[注 2]に乗って現れ、彼らを助け出す。

ヘクターが家族を捨てた訳ではなかったことと再び家族の元へと帰ろうとしていたことなど、全ての事情を知ったリヴェラ一族は、ヘクターの写真を取り返すべくデラクルスのコンサート会場へ乗り込むが、ステージ裏で乱闘になり、写真は失われてしまう。ところが、デラクルスがその場で語った真実はリヴェラ一族の1人が観客席に繋いだカメラによって暴露され、デラクルスは途端に非難の的となる。そして、巨大なアレブリによって会場の外へと追いやられ、デラクルスは自身が死んだときと同じ様に鐘に押し潰された。イメルダは、日の出とヘクターの二度目の死が近付く中、ミゲルを無条件で許し、生者の国へ送り返す。

生者の国へと戻ったミゲルは、ヘクターの消滅を防ぐため、急いでココの元へ行き、エレナや家族の制止を振り切って、ヘクターが作った曲である『リメンバー・ミー』を演奏する。するとココはたちまち父であるヘクターのことを思い出し、大切に保管していた家族写真の破られたヘクターの顔の部分の切れ端を取り出す。ココはヘクターが生前家族に送った手紙や楽譜なども大切に保管しており、人々はたちまちデラクルスの悪行を知ることとなる。これにより、ヘクターの功績は一気に世間へと知られることとなり、デラクルスの霊廟には「忘れてやる」という看板が立て掛けられ封鎖された。

翌年の死者の日、祭壇には破られた部分を修復したヘクター、イメルダ、ココの家族写真に加えてココの写真も並び、ココは死者の国で両親と再会を果たしており、生者と死者が揃ったリヴェラ一族の前で、ミゲルはギターを手に歌を披露するのであった。









飼い犬のダンテの

おとぼけぶりが愛らしい作品



テーマ曲もいい感じです。










//////////////////////













Pogba 選手 は、いい奴!











Pogboon 🐲

















PS:








答えのヒントは、










日常に....。













映画のネタ

  • 2018.07.17 Tuesday
  • 20:55










映画「ゼイリブ」が再評価されているとか。










地球上のほとんどがエイリアンに

なっているという話。










どうせ21世紀なら スマートフォン人間化の

アイデアも盛り込んで欲しい。








//////////////////////













スマホの着信で洗脳された殺し屋を











逆探知するような展開。











そのマトリョーシカの先に


発信者が特定され組織壊滅するストーリー。









.............











選挙違反ではないと思いますよ。










スマホ人間のゼイリブ暴走。

(スマートウォッチ含む)




例: 旧ユーゴスラビア着信中の中国人観光客











MonsterZ (Ghost Protocol)

  • 2018.07.17 Tuesday
  • 17:27









ほんまに何度も説明しているが








また尼崎PussyRiot事件が

おこりそうな様相。








........









ワールドカップ直後なので








岡山の洪水、大阪北部の地震.......


さすがに そろそろ 理解できると願いたい。









/////////////////////////











発生時刻7月16日 2時13分頃
震源地日高地方東部
最大震度震度4
位置緯度北緯42.3度
経度東経143.0度
震源マグニチュードM4.9
深さ約60km




2本の映画で十分な説明。







..................











「Mi:4 Ghost protocol」🇷🇺









「MonsterZ」🇫🇷




















PS:








かなりの巨大地震の予測 〜 2021年頃まで



🇭🇷 (旧ユーゴスラビア)










詩「King of Comedy」

  • 2018.07.17 Tuesday
  • 00:56
















スーパーマンは、ロイスに罵倒され 






香川真司はイケメンランキングに入らず、 






欽ちゃん代表監督は 電撃交代、 







ミシャさん、地震にご注意 ! 







三菱日立パワーシステムズ?








...... てやんでえ司法取引 












「バタクラン劇場は、Pussy Riot お断り」 




















お疲れ様でした。





ご贔屓に...... 




















追伸:








魔宮の伝説












Pussy Riot

  • 2018.07.16 Monday
  • 18:20










フランスが2回目の優勝を果たした15日のサッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)決勝で、後半途中に警察官の格好をした複数の人物がピッチに侵入した件で、政治的な抗議メッセージの色の強い活動を特徴とするロシアの女性パンクバンド「プッシー・ライオット(Pussy Riot)」が、侵入は自分たちの計画したことだと主張している。









 モスクワのルジニキ・スタジアム(Luzhniki Stadium)で行われたフランス対クロアチアの試合では、後半の途中に警察官に扮(ふん)した女3人、男1人がピッチに侵入し、試合が一時中断する場面があった。4人は警備員に取り押さえられた後、激しく抵抗する様子もなくピッチから出され、保安関係者の話によれば、全員近くの警察署へ連行されたという。








 プッシー・ライオットはこの直後、SNSにメッセージを投稿。侵入は自分たちがやらせたことだと主張すると、「すべての政治犯の釈放」や、平和的な抗議デモ参加者の逮捕の停止、「政治的競争のあるロシアの実現」など、六つの政治的要求を出した。試合はロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領も現地で観戦していた。

 プッシー・ライオットは、2012年2月にモスクワのロシア正教会の大聖堂で抗議歌を演奏し、メンバー3人が「宗教嫌悪を動機とするフーリガン行為」で有罪となり、禁錮刑を科された件が良く知られている。3人はその後に釈放されたが、裁判は世界各国のメディアから注目を集め、人権団体による抗議活動も行われた。










///////////////////////












「King of Comedy 」な売名?




まあ ほんまにアホな 歌劇団って感じぽいが


逮捕後の 取り調べ映像に 凍りつきました。

















全く反省していない。


非常に危険な女性。




(ちょっと笑っとんねん😠)


















PS:







参照) Ghost Protocol









シナリオ

  • 2018.07.16 Monday
  • 12:14









壮大な ワールドカップのシナリオが終了。









結局、フランス優勝のあのパターン。



(タイ🇹🇭)










//////////////////////










Jリーグも再開されるので









また あの展開へ、反省のない 婆さん。



(広島☔)


















PS:








腹立たしいを越えて 呆れる。


....... 白痴への 復讐に変わると思う。












「嘘やないで 😈」












EX)







C ロナウドは、ユベントスへ ⚽











あの婆さんトコの.......🔥









アイツは、愚か者だ。

  • 2018.07.14 Saturday
  • 15:36











アイツは、本当に愚か者なんです。











自分が殺人を犯して 、呪うとか......


映画「エンゼルハート」














もしも 殺された被害者が家族なら 


俺なら 街ごと 吹っ飛ばすと思う。













//////////////////////












決勝まで あいつに ご注意!










やさしい姉 vs 愚かな弟(アイツ)
















PS:









アイツたちは、愚か者。



https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E3%81%84%E8%B2%B4%E6%97%8F












俺なら街ごと........ 











😈














火柱

  • 2018.07.13 Friday
  • 20:37










中国四川省の化学工場で爆発 19人死亡



中国四川省宜賓市江安県の化学工場で12日夕方、爆発が起き、19人が死亡、12人が負傷した。現地の当局者が明らかにした。

ロイター通信が報じた地元当局の発表によると、爆発は工業団地にある宜賓恒達科技有限公司の化学工場で起きた。

ソーシャルメディアに投稿された現場の写真には、工場から大きな炎と煙が上がっている様子が写っている。

爆発の原因は現時点で分かっていない。

新華社によると、火災は13日朝までに消し止められた。負傷者の状態は安定しているという。また、当局による捜査が始められている。

宜賓恒達科技は食品・薬品企業向けの化学品を製造している。

地元メディアの報道によると、3階建ての工場は、鉄骨を残すのみとなっており、近くの建物の窓も破損している。

中国では過去にも、化学工場の大規模爆発が起きている。2015年には、天津市の港湾地区にある倉庫で化学品が爆発し、173人が死亡・行方不明となった。

当局による捜査の結果、汚職や政治家および当局者との癒着のために安全装置が機能していなかったことが明らかになった。












世界中で工場火災が発生中。


http://alan-smithee.com/?eid=5408













//////////////////////////
















2018年から 走馬灯のように











過去の真犯人が浮き彫りになり











騙し続けた奴は消滅し  現実を取り戻す。














平和が続きますように.....。



















PS:








久保さんは 面白いけど













あいつは ..... ズッコンバッコン。



http://alan-smithee.com/?eid=5424










selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM