単編サスペンス「Ironの遺言」🏍

  • 2019.09.06 Friday
  • 01:14







〜フィクションです〜







豪腕で知られる 社長が急死した。




不可解な死因だったのだが検死結果は


他殺には至らなかった。








社長は ダイレクトメッセージを残していた。


Memo「ムスコ (ハ) オーサム」








実は、過去のない社長で 家族構成など無く


 全くもって一匹狼だった。



創業時の話など全て 


あの世に持って逝ったのである。








職業柄、暗号好きの社長だったので



「カッコイイ オオサマ は コスモ」とか 



部下はあらゆる見解を示したが 


回答を得られなかった。







葬式に 怪しい男がやってきた。



自分は 社長の隠し子で 死後直前に


会社を任せられたと言うのである。







男は 愛媛県生まれで 60歳くらい、


横浜中華街で育ち、埼玉に住んでおり


プロレスと怪奇漫画が


好きだというのである。







確かに会社は 漫画編集部とプロレス巡業も


手掛けており つじつまは合う。









では、あのダイレクトメッセージを


彼は わかるのだろうか?



聞いてみることにした。







しばらく 男は考えて、




「ムスコは、東北の発音で マスコで..」






......と答えているタイミングで 






刑事が 部屋に飛び込んできた。







捜査一課の刑事が 男の頭に袋を被せ


手錠をかけ 現行犯で逮捕し 


部屋から連行していった。







警察の説明では、戦後に横行した


家族になりすます乗っ取り屋で


隣国からの華僑だそうだ。







「筋弛緩薬による毒殺」



納得いかないような話だが


会社経営も考え 、 



隠密に口外しない事件として


処理する提案を警察側が持ちかけてきた。







次期社長は、受諾した。







翌日、



何も変わらない平穏な日を迎え社長が


いない新しい会社のスタートを切った。













3年後、










会社の所在地で 大地震がおこった。




















あとがき........










全て 準備通りに思えます。














罠にだけご注意。



http://alan-smithee.com/?eid=6225























交通安全











単編「祭りの的屋」 🎯

  • 2019.08.31 Saturday
  • 16:25






〜フィクションです〜







夜店が好きな少年は、




両親に連れられ お祭りへ。




今年は、台風の影響で危ぶまれていたが


なんとか1日のみ開催。







さっそく少年は、掻き集めた おこずかいで


「的屋のくじ」へ




毎回 ハズレなので 数回分の


くじを買うことに......。











結果の景品は、「缶バッチ」。






ようするに「バッチが当たった」のである。











しかし お父さんは、孝行息子に



「バッチが当たる」なんて この子の



将来のためにも良くないと感じ、






くじを当たるまで買うことにした。











その間、バッチは当たりまくり、


3万円を使った頃にようやく 




3等の商品が当たった。








商品価値は、数千円なのだが



息子は救われたと感じ 誇らしげだった。










翌日、






父が会社に出社すると




社長から辞令を受け取った。
















父は 部長に昇進した。





















あとがき..........










宝くじ はしませんが


くじ引きは好きです。














もしも ハズレたら 


愚痴 言って帰ります。


















ボヤキも 可













単編サスペンス「催眠術You-Tuber」

  • 2019.08.26 Monday
  • 22:41







〜 フィクションです〜








東京湾に死体が浮かんだ。


容疑者は、You-Tuber。




彼女は催眠術師で、映像でユーザーを洗脳し


ターミネーターとして 暗殺している容疑。







彼女の手法は、自分に視聴者を写して


自傷行為で ターゲットを消滅させる


過酷な催眠術。






つまり彼女自身を視聴者に狙わせ


ターゲットへ誘導して、暗殺ミッションを


終えるらしいのである。









しかし、盲点は


複雑で 自分を狙わす術を間違えて


ターゲットに逆に彼女が襲われる展開。









彼女は 収監された。


保釈金を積まず、なぜか


裁判まで牢屋から出ようとしなかった。








裁判前日、



マフィアのボスの会計士が


 牢獄で首をくくって自殺した。









起訴は 突然 下げられ


彼女は 無罪ですぐに釈放された。













何の因果か 、自殺した会計士の独房の隣に






彼女が収監されていた。









そして











忽然と 




You-Tubeから彼女の存在が消えた。


















「これって 現実なの?」



















あとがき........









なんちゃって ゴーゴン対策  🐍




















「これって 現実なの?」















単編「SWAP」🔥

  • 2019.08.23 Friday
  • 00:58







〜フィクションです〜







マンションを階段で降りていたのだが




下の階が女性のはずだったが


筋肉質な大男が部屋から出てきた。







マンションに 10年近く住んでいたのだが


下階の女性も顔なじみで 彼氏さんも


挨拶程度に知っていた。




引っ越しした気配も無かったし


引っ越しなら 真っ先に挨拶に来るはずである。








彼女の職業は 特殊火器のスペシャリストで


大学でも教鞭をとっていた。









数ヶ月後、


表通りの斜め横の家で爆発による火災が


発生した。




消防車がすぐに消火したのでビルの被害は


それほど無かったのだが、


特殊火器が 引火して火災が発生したらしい。








ビルの賃貸者は、何故か階下の


女性名義であった。



こんな近くに2軒も部屋を借りるだろうか?







室内は、もぬけの殻で 特殊火器の実験場の


様相だったそうだ。



翌日、階下の謎の筋肉質男は 夜逃げしていた。








数週間後、夜逃げした あの筋肉質の男は


元製薬会社の社員で 火災発生時には


パチンコ店で従業員として働いていたそうだ。




もちろん階下の賃貸は 行方不明の


あの女性名義のままであった。









それから3年後、



偶然 あの女性を街で見かけたので


声をかけた。




逃げるように走り去ったので


腕を掴んで静止させた。









あの女性は 変わり果てていて


挙動不審で怯えきって、記憶喪失だと告げた。








腕を掴んだ反動で転倒し、



彼女の鞄から、製薬会社の社員証と



どこかの 火災保険金の封筒がこぼれ落ちた。











数日前に その製薬会社は カジノ建設計画で















巨額の赤字負債を負っていた。





















あとがき.......











2022年の関東大震災が予測されています。


ご注意ください。

















火の用心 🧯



http://alan-smithee.com/?eid=6193














単編 「殺しのダイヤル」 📞

  • 2019.08.14 Wednesday
  • 02:19







〜フィクションです〜







連続通り魔が出現して、毎夜


外出できなくなった。





都市伝説で、教会に無言電話があると


その翌日、通り魔事件が発生するらしい。


まるで 呼び出し音が通り魔行動の合図。










刑事は、無言電話の逆探知に成功した。


電話はトルコからの国際電話だった。



刑事は 半年間の休暇をとり


自費で トルコへ向かった。







トルコ国中の電話を追跡するのは不可能で


相手が日本の教会に電話をした直後の膨大な



通話記録から 足を使い 聞き込みで


調査することにした。







数ヶ月後、


京都で 通り魔事件が発生した。








数週間で直近のトルコ国内の


日本への国際電話の通話記録を


調査していくうちに気がついた。





トルコに教会は、数カ所しかないのである。


つまり クリスチャンではなく 他教徒である


容疑者の通話であること。








容疑者として 浮上したのは、偽宣教師。


なんでも、 四国の方面へ 布教活動と称して


搾取している疑いが判明した。






おそらく 動機は、トルコ国内の


軍事クーデター失敗により活動資金集め。












その容疑者が 遠隔で殺人鬼を操っていると


ほぼ断定。





足跡を追っていくうちに、顔のない


怪人20面相は、日本の(キリスト教系)病院に


潜伏している確証を得た。










5日後、








四国に巨大台風が直撃した。






















あとがき.........













説明しにくい 相対性理論的なプロット。


(例: 保険金殺人、つまり国へ軍事クーデター)
















電話1本で全員操られるような


保険金殺人ストーリー 💀💊
















しかし 結末は、自害(事故&病気 含)


する犯人像。
















居場所は、わかるわけないですが
















偽教師にも、台風にも ご注意!


















(参照モンタージュ)







オマル・ハサン・アフマド・アル=バシールعمر حسن أحمد البشير、Omar Hasan Ahmad al-Bashīr、1944年1月1日 - )は、スーダン政治家軍人1989年クーデターによって軍事政権を成立させて政権を掌握。30年にわたり同国大統領として政権の座を維持してきたが、2019年4月に国防軍にクーデターを起こされ失脚した(2019年スーダンクーデター)。また、与党国民会議の議長(党首)も務めた。2003年から続くダルフール紛争での集団虐殺に関与にしたとして国際刑事裁判所から逮捕状が出されている[1]。日本国内のメディアでは「バシル大統領」と表記・呼称されることが多い。












映画 「複製された男」











単編「香典の100万円」💵

  • 2019.08.01 Thursday
  • 16:00







〜フィクションです〜






長崎に生まれ 桜島の噴火後、



千葉で幼少期を過ごし 地震発生後



大阪の学校で学んだ男は神戸の地震後、



東京へ やってきた。








彼の必然であり偶然は、


東京での災害を予知させ


彼は 闇社会で 徐々に落ちぶれていった。








酒に逃げ、ガールズバーに入り浸り


モロッコ出身の外国人と知り合った。


お前は 日本人ではない風貌で 


レバノン人に似ていると気に入られた。








しばらくして モロッコ人が


東京の街から消えた。




モロッコ人は、男のために100万円の封筒を


ガールズバーの店長に託して消えた。











1995年 3月20日、霞ヶ関で


カルト教団による地下鉄サリン事件が発生。




その頃、男はあの100万円を元手に


闇商売が繁盛し 成り上がっていた。


男は、「小沢」と偽名を使い始めた。








男には、人が群がり ホッケーチーム


サークルを立ち上げ、教祖のように


不幸のジンクスとは 真逆の生活だった。









ある日、ホッケーサークルでカナダ旅行を


していた時に 、マリファナが合法で


あることを知った。




稼げる実感があり、 外国人を遠隔で操作し、


見つかっても 足跡が残らない密輸を


実行することにした。








しかし 警察は、フランス当局が逮捕した


モロッコ系の犯罪組織図を 入手していた。


男も マークされていたのである。









部下が空港で 逮捕されたことを聞き、


偽装結婚し 国籍を変え 国外逃亡する計画に


シフトチェンジすることにした。




もちろん 信者というか、部下を残して


自分だけ逃亡する計画である。









男の行き先は、イタリアにすることにした。


ボクシングの違法賭博で資金洗浄をしていた


全額をスイス銀行へ トランスファーし、


レバノン国籍で イタリアへ 入国した。







逃亡直前、イタリアンマフィアと


コンタクトをとり 最終地、



イギリスへ 向かう計画である。










男の 「結婚式」と「葬式」を逆にして


なりすましていた 詐欺は、








最終地、



イギリスで 不幸に変わりそうである。


















あとがき.........










イギリスは、来年 ご注意 🇬🇧


















For Montage

















単編サスペンス「婚姻届の行方」🚓 💍

  • 2019.07.30 Tuesday
  • 10:57







〜フィクションです〜







海外から帰国し、新居探しのため


市役所へ 住民票を取りに行くと


男は、腰が抜けた。







「知らない女と結婚していた。」








何かの間違いだと思い職員に問うと


警察に相談した方が良いと勧められた。






警察署で調書をとってもらい、


逢ったこともない妻の捜索願いを提出。







数日後、


自動車免許から女性が判明。


過去の女性関係や渡米中にも


明らかに 逢ったことがない。






実は まんざらでもない美しい


女性だったので 役所の手違いで


笑い話で済むと思っていた。







新居にも馴染み始めた頃、


深夜に無言電話が続いた。



さらには 家の前に張り込みのような人影。


まるで家にいるか確認する監視状態である。








ある日、郵便ポストにサバイバルナイフが


入っていた。




男は ノイローゼに陥り、嫌がらせが


始まったきっかけが市役所と警察に


出向いた直後だったので、情報漏洩なら


反社会勢力による組織犯罪だと思った。







在米の頃、接触してきた暴力団を思い出した。


裏では、メキシコから不法移民を斡旋し


収益を得ていた。






男は 探偵を雇い 謎の女性の追跡を依頼した。


その探偵は、元 警察官で内部の汚染の可能性も把握していたからである。







しかし 調査結果は、「存在しない」だった。



唯一 有力な手がかりは、男が渡米前に


中国人の不法移民が数人 在留目的に


逮捕され 本国へ移送されたと言う話である。






つまり「永住権」獲得のため男の家族


として 在米中に日本に


潜伏していたらしいのである。







当時の不法移民は、愛人斡旋業で中国から


やってきたそうである。




他人の愛人が、自分の妻になっていた


とんでもない話である。






 探偵から同僚だった警察幹部に内容が伝わり


状況を把握した警察は、家の前の監視車を


任意同行させ 不法移民斡旋組織が


現実的に存在することを証明させた。











自由が再び戻った男は、数ヶ月後 驚いた。













あの女がテレビに出ているのである。




















あとがき..........











フランス映画「冒険者たち」の脚本家さんに


逢った思い出。














当たり前のように なりすませる


システムの反社会的欠陥があると思います。
















参照)


平昌オリンピック直前のハッカー攻撃



















単編「逮捕された大関」🚓

  • 2019.07.27 Saturday
  • 13:57







〜フィクションです〜







殺人事件の聴取で 大関が署へ 呼び出された。





事件は、オランダ人とフィリピン人の


麻薬取引の いざこざでシンジゲートの口封じ


で死者が出たらしい。







大関は、何のことやらだが 殺害された暴力団


のスマートフォンに大関の側近の


データが入っていたそうだ。








麻薬とは別に



香港から 金の密輸で利益を獲ていた暴力団が


大関の側近につながっていたそうだ。


既に知人には、逮捕状が提出され連行済み。









身に覚えのない大関は、金の管理は


知人に任せきりで 自分は 


相撲道に邁進しており 無関係を主張。







しかし、大関の高級車や 住宅も 


マフィアによる献金で購入されており


無関係は 通用しないと言うのだ。









大きな体は、本当に身に覚えのない話で


泣き崩れ 大きな大きな体は、


暴力団員扱いになった理不尽さで 絶望した。










事情聴取は 続くので、


今夜は 牢屋に収監されること となった。









師匠や 弟子、故郷の仲間に申し訳無く思い


鉄格子から見える 空に 一晩中、



泣きじゃくり 祈りを捧げた。












翌日、 九州で大地震が発生。





二日後、北海道で大地震が発生した。



















大関は、和解金で 無実となったが






引退することにした。






















あとがき........










「気はやさしくて、力持ち」with 女将













「ヒステリックな暴力団」with 極妻






















= 基本的な間違い



http://alan-smithee.com/?eid=6120


















「ほんまに迷惑」














SF短編「マイ・ヒーロー」🚀

  • 2019.07.17 Wednesday
  • 07:31






〜フィクションです〜







未来の片田舎 





都会からマッドサイエンティストが


やって来て 子供を誘拐し 


機械化する都市伝説が流れた 👑





報道した タブロイドWEBは、


嘘ばかりなので信憑性がなく


誰も信用しなかった 🐺







とある 宇宙工学を学んだ冴えない男は、


撫肩で ロケットマンと称され 人々から


変人扱いだった 🚀




ロケットマンは このフェイクニュースを


聞いて 真実だと感じた 🎤







ロケットマンは、マッドサイエンティストの


大群の根城を突き止め 一網打尽にする


計画を練った 🔥🧴







中国系の暴力団を盗聴し、ヤクザの妻に


2重の女スパイがいて 不法移民の移送で


収益を得ている情報を得た 🇭🇰






おそらく マッドサイエンティストに


難民を売ってロボットの実験台にしている


のではないだろうか?❾❾❾ 🚃




女スパイを尾行し 行き着いた先は、


ショッピングモール内のボーリング場 🚲







実は、そのボーリング場には 使われていない


駐車場があり、そこが レプリカント製造


工場に改造されているようである 🏃








通風口から中に入って様子を調べていると


義父が開発者の一味であることが判明した。


ロケットマンは幼い頃から親に捨てられ


孤児院から里親に育てられたのである ⌚









義父への感謝で心が揺らいだのだが



ロケットマンは、警察に通報し 


マッドサイエンティスト一味と義父は、


逮捕された 🚓









残念ながら 難民として騙され拉致された


実験台の被験体は帰らぬ人となっていた。



遺体の傍らで 女スパイは、過剰な麻薬を



注射し 自害していた 💉 🧟♀




















あとがき........













時系列に合わせた Mixの走り書きです。













Stranger Things 

https://www.netflix.com/jp/title/80057281











短編「推定無罪の確証」⚖

  • 2019.07.15 Monday
  • 04:44






〜フィクションです〜








地方の政治家の権力者は、



週刊誌報道で セクハラの疑いで



次期選挙に大きなダメージを受けていた。







その政治家は、高齢の69歳。



10年前の支持者へのセクハラ行為を



スッパ抜かれたそうだ。










当時 59歳、男は 既に性的に不能であり


セクハラなどするわけがないのである。









しかし、自分の私的な恥ずかしい秘密を


知られると 家族や家名の恥になると考え、



事実を隠して 無実を主張し 




選挙活動を続けた。










セクハラをするわけがない証明を



隠すことが 仇となり、


さらに あやしいとメディアに叩かれ 




深みに追い込まれていった。











もう 出馬取りやめを考えていた矢先、



対立候補が 脳卒中で 病院に搬送された。









必然的に




男は、圧勝で 再当選した。













後日、ありもしないセクハラ疑惑は




倒れた対立候補によって






リークされていたことが判明した。






















あとがき........











日曜日は、衆議院選挙です。















ご注意を!














「少子化対策」












categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM