Mr.Fusion (Artificial Garbage GUS)

  • 2009.02.25 Wednesday
  • 15:51

 今日は、近所の大阪ドームにて野球日本代表が試合。
ちなみに隣は、大阪ガス。








映画『バックトゥザフューチャ−』でゴミを燃料にするシーン
プラスチックや有害な方がエエ燃料になったりして(笑)

映画のプロップ(小道具)は、ミキサーだったらしいけど...。







天然ガスは、メタン、エタン、プロパン、ブタン、ペンタンの炭素化合物













問題になっているゴミの山、メタンガス汚染など、

じゃ、人工でガスを作る事は可能ではないか?










町中のゴミが、燃料無料化とECOに繋がるなら、
市営のゴミ収集でガス使用料低下と国の財源確保にも繋がる。

毎月5000円で1億5千人で、75000000000円
タンカーの燃料分がゴミ燃料(人工ガス)に変われば、
国や各都道府県の財源になるかも。










ゴミ収集がお金に換われば、民間以上に国が動いてくれるのかも!
タクシー車がデロリアンだったとは! ホームラン(笑)









PS: 

専門家さんのページ

やはり人工ガスは半分のコストらしい。しかも街が綺麗になるし。
単純計算で、25%財源化で市民のガス料金25%引きで、
年 約10~24兆円の財源確保 プラス 環境改善。






あったらいいな〜 は、水質浄化発電(加湿発電)とか。
ベニスの水を蒸発させて、水質と空気を綺麗にしながら発電な
比例の法則で、弱点を利点にの考え方。なんかエライすいません。




コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM