短編小説「その男、ガブリエル」

  • 2017.05.22 Monday
  • 01:23

 

 

 

 

〜フィクションです〜

 

 

 

 

 

パン屋を 開業することになった新婚夫婦。

 

1月のオープン時から、それなりに近隣で人気で順風満帆であった。

 

 

それから6ヶ月が経過し、

 

シャッターに落書きなど、嫌がらせをされるようになった。

 

 

 

 

 

 

暴力団のショバ代的な脅しかと思っていたのだが、

 

 

警備カメラを確認すると、容疑者は小柄な女性であった。

 

映像には足を引きずる姿が目撃されている。

 

 

 

 

 

 

なぜか夫は、無言でいた。

 

嫌がらせが続き、脅迫状まで届く始末。

 

 

いつも手紙の最後にガブリエルと書かれていた。

 

 

 

 

 

 

ついに夫が口を開いた、

 

その女は、結婚前にドイツで知り合った女性で

 

ストーカー紛いを続けられ 挙句 、

 

 

別れ話の中 運転する車を壁にぶつけて無理心中させられる

 

寸前だったらしい。

 

 

 

 

 

 

足を引きずっているのは、その交通事故で複雑骨折したからだそうだ。

 

警察の現場検証では、「アクセルとブレーキを踏み間違えた」

 

ということにして示談の別れとなった。

 

 

 

 

 

 

夫は、最後に付け加えた。

 

 

夫「その女は、バイエルン州で 行方不明ということになっている。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると妻は、すまなさそうに夫に告げた。

 

 

 

 

 

 

妻「それは、私なの。 私の前の夫が ガブリエルなの。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき.......

 

 

 

 

 

 

 

 

 

怪我にご注意!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

岩渕真奈がバイエルンを退団、自身のブログで報告

 

 

 

 

 

 

 

.............

 

 

 

 

 

 

 

「見知らぬ乗客」

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんまにヤバイ、オバはんの話 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM