昏睡

  • 2017.06.14 Wednesday
  • 03:09

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ベルリン支局】ドイツ南部ミュンヘン近郊の駅で

13日午前(日本時間同日午後)に起きた銃撃事件で、

地元警察は女性警官が犯人に頭を撃たれ、重体だと明らかにした。

近くにいた2人も負傷したが、命に別条はないもよう。

警察はテロの可能性を否定し、容疑者が「個人的動機から事件を起こした」とみている。

 AP通信によると、銃撃は同日朝、地下鉄のウンターフェーリンク駅で発生。

乗客同士の口論から通報を受け、警察が駆けつけたところ、

女性警官の拳銃を容疑者が奪い、警官の頭部を銃撃した。

 容疑者も撃たれ、重傷を負った。警察が拘束して取り調べる方針。

容疑者は1人とみられる。

 

 

 

ドイツ南部の銃撃、女性警官が頭撃たれ重体 容疑者拘束、テロは否定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティラーソン米国務長官は13日、北朝鮮に「敵対行為を働いた」として抑留されていた

米国人男子大学生が釈放された、と発表した。米国務省によると、既に帰国の途についている。

学生の家族が発表した声明によると、大学生は昏睡(こんすい)状態だという。

 釈放されたのは、バージニア大学生のオットー・フレデリック・ワームビア氏(22)。

観光目的で一昨年末に訪朝し、帰国直前の昨年1月2日に平壌の国際空港で拘束された。

昨年2月末に会見した同氏は

「1月1日に平壌のホテル内で政治スローガンが書かれたものを盗むために取り外した」

と説明、謝罪していた。北朝鮮の最高裁は昨年3月、

国家転覆陰謀罪で15年の労働教化刑の判決を言い渡していた。

 米政府当局者によると、米朝両政府の関係者が水面下で接触を重ね、

同氏の釈放について交渉してきたという。

北朝鮮は同氏以外に3人の米国人を拘束している。

ティラーソン氏は「引き続き北朝鮮側と交渉していきたい」と述べた。

(ワシントン=峯村健司)

 

 

 

北朝鮮、拘束の米国人大学生1人を釈放 昏睡状態

 

 

 

 

 

 

///////////////////////////

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球の裏側で、突然 豹変して 凶悪事件が起こる 「バベル」現象。

 

 

サウジなど6カ国がカタールと断交 トランプ氏がTwitterで関与認める

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが 1個人 1犯罪者ではなく、国となると大変な事態を招く気がします。

 

 

「台湾断交ドミノ」拡大 関係維持は残り20カ国

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PS:

 

 

 

 

 

昨夜のW杯予選 イラク vs 日本 観ました?

 

サッカーW杯 最終予選 日本はイラクと引き分け | NHKニュース

 

 

 

 

 

 

 

あんな気温で

 

ワールドカップ カタール 2022 大会なんて無理だと思いませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年W杯に暗雲…カタール断交問題受け、FIFA「地元組織委と定期 ...

 

 

 

 

 

 

 

 

EX )

 

 

 

 

 

 

引き分けの要因は、指揮官のカタール寄りの先発&交代 起用、戦術。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断行ドミノ でDF崩壊。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM