短編ホラー小説「失跡」

  • 2017.07.07 Friday
  • 05:17

 

 

 

 

〜フィクションです〜

 

 

 

 

 

 

警察署の取調室にて、一人の女性が

 

国家教員試験予備校の 4人の失跡事件について、尋問を受けている。

 

 

この女性の名は、カズヨ。

 

 

 

 

 

失跡した4人は、

 

 

30代後半女性:清水、50代男性:仲尊、

60代女性:ベルエポック ヨシコ(日系2世)、

40代男性:藤井

 

 

 

 

 

 

 

混乱しているカズヨは、しきりに 四人に まるで監視されていたと主張。

 

 

 

ことの始まりは、興味本位で 自分の悪運を払うために

 

霊媒師に祈祷を頼んだことからだと主張した。

 

 

 

 

 

 

 

失跡した四人は、従業員とクラスメートで

 

予備校入学の直前から 高すぎる受講料や

 

四人とも この地方の方言がないことに違和感を感じていた。

 

 

 

 

 

 

四人はカズヨが高校の頃から、近所に住んでいたようである。

 

しかし、カズヨは 1度も会ったことがなかったらしい。

 

 

 

 

 

 

 

パニック症候群寸前のカズヨは、捜査官に 

 

 

 

カズヨ:「高校生の頃から、いく先々で 先回りされていたんです!!」

 

捜査官:「どういうことですか? 落ち着いてください。」

 

カズヨ:「私が接していたすべてのことが、四人が作り上げた虚構 !!!!」

 

 

 

 

 

 

 

四人が四六時中、映画「スティング」のように

 

数年も騙し続けていたなんて、ありえないと捜査官は感じた。

 

 

第一、カズヨの家は 中流家庭で 犯行動機が見当たらない。

 

 

 

 

 

 

 

突然、

 

部下が取調室に飛び込んできた。

 

 

 

焼死体が山林で見つかったらしいのだ。

 

 

 

 

 

所持品から、ガイシャは 40歳男性の藤井と鑑識されたらしい。

 

(藤井は、30歳女性:清水と付き合っていたらしい)

 

 

 

 

現場には、カイザー社のカミソリが置かれており

 

手首には、焼身前に 自殺の跡が残っていたそうである。

 

 

 

 

 

 

 

カズヨは、天丼の乗ったテーブルをひっくり返し、叫んだ。

 

 

 

 

 

 

 

パニック状態のカズヨ:

「ギャ〜!....  霊媒師が言ったとり、清水で仲尊が落ちた!」

 

 

 

 

 

 

 

その後

 

 

カズヨは、警察病院へ入院した。

 

 

 

 

 

 

 

 

カズヨは、抗精神病薬で自我を失いながら、

 

 

 

 

 

 

 

 

四人の 悪霊が この街にやってきて住み着き、

 

 

最後に 自分が殺されたのだと言い続けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日後 ....... 京都、岩手、長野で地震が発生。

 

 

 

 

 

 

 

それ以来、街から凶悪事件が消えた。

 

 

 

 

 

 

 


 

しかし、三人の行方は 未だに不明である。

 




 

 未来、現代、過去 ..... そして 4次元。

 






 カズヨの人格が全て 消えた。

 

 

 

 


 

 




 

 

あとがき.......

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参照:クリスタルスカルの王国

 

 

 

短気で、バチを当てて、エラそうな人?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


映画「 暗殺者 」(不知火検校 版)


 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM