短編小話「天神祭の夜に」

  • 2017.07.27 Thursday
  • 06:00

 

 

 

 

 

 

〜フィクションです〜

 

 

 

 

 

サッカー好きの男は、大阪 天神祭の夜に何も予定もなく

 

自宅へ向かっていた。

 

 

 

 

 

どこからともなく、声が聞こえてきた

 

それは、幻想的というよりも日常的でありふれた感じだった。

 

 

 

 

 

 

声の主は、こうつぶやいた。

 

天の声「お前の願いは、何だ?」

 

 

 

 

 

 

男は、あまりに突然で 欲深くない性格から

 

 

男「願いなんて、イ〜す イ〜す。」

 

 

と答えてしまった。

 

 

 

 

 

 

すると後方から 突き上げる塊のような強風が発生し、

 

 

体を支えるような 目に見えない椅子が出現した。

 

 

 

 

 

 

 

男は、この超常現象に驚愕して

 

腰が抜けそうになった。

 

 

 

 

 

 

放心状態で帰宅した男は、ベットに 倒れ込み

 

深い眠りに落ちた。

 

 

 

 

 

 

 

翌日、男は 忘れたかのように出社した。

 

 

 

 

 

 

そして、数日してあの時のことを思い出した。

 

 

もしも あの時、願いを答えたら 叶っていたのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

この日は、会社からのボーナスの支給日。

 

 

男は支給額がアップしたボーナスに歓喜した。

 

 

 

 

 

 

 

 

数時間後、

 

気分良く 自宅に帰宅すると郵便受けに1通の封筒が到着していた。

 

 

 

 

 

中を開けると、応援しているサッカーチームのオーナーズシートの

 

申し込み用紙が入っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

男「イ〜す、オーナーズシート。」

 

 

 

 

 

 

 

 

男は、オーナーズシートを確保し

 

 

 

それから 毎年、天神祭に参った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき......

 

 

 

 

 

 

 

フラッグベアラー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【チケット情報】2017シーズン ラスト5試合限定SAKURA SEAT販売のお知らせ 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM