短編小説「公園戦争」

  • 2017.07.29 Saturday
  • 01:21

 

 

 

〜フィクションです〜

 

 

 

 

 

 

引っ越しも完了し、犬の散歩で 公園へ向かった。

 

公園デビュー日でもあり、近隣住民と揉めないように1日目が終了。

 

 

 

 

 

翌日、ご挨拶も済んだはずの 近隣の主婦がやってきた。

 

昨日の公園デビューについての注意点があるそうである。

 

 

 

 

 

 

数年前、A家の主婦と B家の主婦が 喧嘩になったらしい。

 

 

原因は A家の主婦がB家の犬の首輪を緩め

 

公園を飛び出し、出会い頭の車に犬が轢かれた。

 

 

 

 

 

 

それ以来、A派とB派に分断されたそうである。

 

 

 

 

 

 

そんなある日、B派のC家の主婦が

 

A家の主婦に因縁をつけられた。

 

 

内容は、A家の八つ当たりのようであるが

 

 

 

 

 

その夜、

 

 

何者かによって A家に ロケット花火を打ち込まれた事件が発生した。

 

警察も介入するほどの事件となったが B家の主婦は無実であった。

 

 

 

 

 

疑われたB家の主婦は、町内会から脱会し 


引っ越しを考えているらしい。

 

 

 

 

 

 

しかし 噂では、B家の主婦の主張は

 

 

「喧嘩売ってるのはA家、来るならかかってこい! ふんどし女将」

 

というわけである。

 

 

 

 

 

 

 

 

話は、ここで終わっていないのである。

 

 

 

 

実は A家の祖先は、国内でも先駆的な花火問屋だったそうである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき........

 

 

 

 

 

 

サウジなど中東5カ国がカタールと断交 「テロ集団を支援」と非難 - BBC ...

 

 

 

 

 

 

 

EX)

 

 

 

 

 

 

政治的 交換殺人

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 http://alan-smithee.com/?eid=5091

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM