短編「キングとトラウト」

  • 2018.02.26 Monday
  • 13:38







〜フィクションです〜





漁師の男は、地震後 外国の漁船が横取りで

キングサーモンが漁れないことを悩んでいた。





仕方がないので トラウトサーモンを


ノルウェーから輸入して キングサーモンに

偽証表示して売ることにした。






しばらくして 漁師の男の母が心不全で他界した。


遺言に 偽証表示について書かれていた。

母は 味が違うので 知っていたそうだ。







漁業組合の 告発で マスコミに追われることになった

漁師の男。






逃走資金を搔き集めるため 愛人宅に向かったのだが


口論となり 愛人を 殺害した。







漁師の男は、無一文で 漁船に乗り込み


逃走をはかるのだが、







海が荒れ、漁船が沈没!



 帰らぬ人となった。














あとがき........








参照   映画「十誡 (1923版)」







(写真は、豪 クライストチャーチ地震)



建築屋なら借金で 逃走用の

船も押収されるので設定を漁師にしました。

















「堺事件」の現代翻訳



娘をフランス人にレイプの挙句 、撲殺された父が

無罪釈放された犯人を殺害する話。


その後 父は 有罪判決で 死刑。



それ以来、通天閣(フランス)界隈に

呪いがかかった話。




.......







(類似参照) 映画「プリズナーズ」













コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM