コラム: 日本の論点

  • 2018.03.29 Thursday
  • 01:14









高校の入学試験のために 


中学の頃、「日本の論点」を読破しました。










「任意」「匿名」「無料」を3本柱に......



今思うと 


ただのシステマティックな論議。










本当の論点は、



「成り上がった天狗は 


    人を人として感じなくなる。」












数十年 日本(大阪)に住んで、 


嘘ばかりで自己中心、幸せなど感じません。



「血が赤ワインで、肉がパン」













体調を崩して、健康のありがたみを


思い知らされ 正常を保つ人生。












天狗のいない国が理想。














天狗は .......  人殺し。










「スッキリするやろな、天狗の崩落。」


















PS:







蚊の吸血活動を通じて、ウイルスが人から人へ移り、高熱に達することで知られる一過性の熱性疾患であり、症状には、発熱・頭痛・筋肉痛・関節痛、はしかの症状に似た特徴的な皮膚発疹を含む。

治療方法は対症療法が主体で、急性デング熱にはいま起きている症状を軽減するための支持療法 (supportive therapy, supportive care)が用いられ、軽度または中等度であれば、経口もしくは点滴による水分補給、より重度の場合は、点滴静脈注射や輸血といった治療が用いられる。ただ稀ではあるが、生命を脅かすデング出血熱に発展し、出血、血小板の減少、または血漿(けっしょう)漏出を引き起こしたり、デングショック症候群に発展して出血性ショックを引き起こすこともある。











デングにご注意












コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM