彦根警察官殺害事件

  • 2018.04.12 Thursday
  • 15:05












交番で警察官射殺の19歳巡査、犯行を認める供述



滋賀県彦根市で男性警察官が拳銃で頭などを撃たれ死亡した事件で、逮捕された19歳の男性巡査は「間違いありません」と供述しているということです。

 逮捕された19歳の巡査の男は彦根警察署から米原警察署に身柄を移されました。殺人容疑で逮捕されたのは、滋賀県警の河瀬駅前交番に勤務する19歳の巡査で、11日午後8時前、同じ交番に勤務する井本光巡査部長(41)の後頭部などを拳銃で撃ち殺害した疑いがもたれています。

 男性巡査は午前1時半すぎに、滋賀県愛荘町内の線路上を歩いているところを確保されましたが、制服姿で落ち着いていて話ができる状態だったといいます。調べに対し、井本さん殺害について「間違いありません」と犯行を認めているということです。

 「普通の子でしたね、おとなしそうな感じ」(逮捕された巡査を知る人)

 隣の豊郷町では犯行に使われたとみられる拳銃がベルトに装着された状態で見つかり、そばには警棒や手錠も一緒に捨てられていました。拳銃にはもともと5発の弾が装填されていますが、このうち2発を亡くなった井本さんに向けて発砲したとみられ、残る3発の弾は見つかった拳銃に残されていたということです。警察は殺害の動機などについて調べています。











犯人の19歳警察官の殺人動機は

罵倒されたから射殺したらしい。









////////////////////////















警察官が上司に 罵倒されて












射殺。











////////////////////














弟にご注意。



















ストーカー


















コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM