再び バチカンの不祥事

  • 2018.05.02 Wednesday
  • 03:22










メルボルン(CNN) ローマ法王庁(バチカン)の財務長官を務めるオーストラリア出身のジョージ・ペル枢機卿(76)が長年にわたり性犯罪を繰り返していたとされる裁判で、予審を担当していた豪メルボルンの治安判事は1日、正式に起訴するのに十分な証拠があるとの判断を下した。

ペル枢機卿は1970年代から複数の性犯罪を繰り返していた罪で昨年6月に訴追されたが、本人は強く否定。フランシスコ法王は「メディアがうわさに基づいて裁く事態は避ける必要がある」と強調し、枢機卿が裁判のために職務を休んで帰国することを認めていた。

治安判事は1カ月に及ぶ予審で多数の証人から証言を聞いた。これに対して弁護側は、枢機卿の名誉を傷付けようとする攻撃だと主張し、「裁判は公費と時間、労力のむだになる」と訴えていた。

判事は複数の訴状のうち半数を棄却する一方、残る半数については正式な起訴に相当すると判断した。

ペル枢機卿は1日、厳重な警備のなかで出廷した。治安判事の判断を聞いても表情を変えず、罪状認否では大きな声ではっきりと「無罪」を主張した。

正式な審理は現地時間の2日午前9時から開始される。








/////////////////////////















名誉を傷つける........









事実は ともかく



「名誉」は、聖職者に必要なのか?
















「心」や 。



















PS:






4/21


公益財団法人 日本サッカー協会は21日(土)、ヨルダンサッカー協会とパートナーシップ協定を再締結いたしました。同連盟とは、2014年1月にパートナーシップを締結以来、様々な分野で協力関係を築いてきました。今回の再締結により、両者の関係をさらに強固にし、両国のサッカー発展のため積極的に相互協力を図っていきます。概要は下記の通りです。









4/26


ヨルダン各地で大雨による洪水が発生し、多くの人が避難を余儀なくされています。

 猛烈な勢いで流れる濁流。ヨルダン各地で大雨が降り続き、首都アンマン東部のザルカでは26日、洪水が発生しました。何台もの車が濁流にのみ込まれていく様子を人々が泣き叫びながら見つめています。現地メディアによりますと、ヨルダン各地で数百人が避難を余儀なくされていますが、現在、負傷者の報告はないということです。中東地域ではここ数日の間、異常なほどの大雨が続いていて、隣国のイスラエルではトレッキング中の学生が洪水に巻き込まれ、10人が死亡するなど大きな被害が出ています。











5/2


GW天気にご注意。












EX)







山口達也 スキャンダル








A.S. Rome


......ハリーポッターより









コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM