ゲティ家の身代金

  • 2018.05.07 Monday
  • 14:26









1973年7月のローマ。犯罪者たちの用意周到な計画に基づいてジョン・ポール・ゲティ3世が誘拐されるという事件が発生した。犯人たちは、当時フォーチュン誌によって”世界一の大富豪”に認定されたゲティオイル社社長の石油王のジャン・ポール・ゲティに孫の身代金1,700万ドルを要求したが、彼は支払いを断固拒否する。表向きは「もしここで身代金を支払ったら、他の14人の孫たちも金目当てに誘拐されるかもしれん」という理由ではあったが、総資産50億ドルとも言われるゲティは極端な吝嗇家としても知られていた。その裏で元CIAの交渉人チェイスを呼び寄せ、孫の奪還作戦を指示する。

余裕飄々としているゲティとは対照的に、3世の母親であるアビゲイル(ゲイル)は息子が殺されるかもしれないと怯えていた。ジョン・ポール・ゲティ2世との離婚で既にゲティ家を離れていたゲイルには身代金の支払いは不可能であった。一方で警察やチェイスはゲティ3世もしくはゲイルによる狂言誘拐を疑い始める。ゲイルの一挙手一投足を報道しようとマスコミが付きまとい、事件は世界中を巻き込んで加熱していく中、ゲティ3世の切り取られた耳が新聞社に送り付けられるという事態が発生する。










公開前なのでわからないですが









もう読めます。








//////////////////////////












浜松餃子のクーデターのような話。









「静岡 & 北海道」 ..... 火病












最終的に プッツン 停電。
















5月7日午前10時ごろから北海道では石狩、胆振、後志管内などで大規模な停電が起きましたが、先ほど午前11時過ぎに復旧しました。

 これは伊達市内の様子を撮影した写真です。信号機が消えていて、警察官が手旗信号で交通整理にあたっています。

 また、廃棄物処理施設でも受け入れができず、収集車の列ができています。

 北海道電力によりますと、7日午前10時ごろから石狩、後志、胆振、渡島管内の最大3万5千戸以上で大規模な停電が発生しました。

 午前11時すぎに全面復旧したということですが、原因はわかっておらず、北海道電力が調査を続けています。

 町役場などに、7日午前11時47分現在、被害の情報は入っていないということです。

 (オンエアー後の情報で、停電は、正午前に全面復旧したと判明しました)














コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM