単編「続: 静かなるオカルト(仮題)」」

  • 2018.05.19 Saturday
  • 07:24





〜フィクションです〜







高校時代の同級生が歌手になり


コンサートがあるらしく公演チケットが送られてきた。



手紙がそえられていて、過激なファンに脅迫されている悩みが書かれていた。






公演当日、


用意されていた座席は最前列付近で 特に熱狂的な親衛隊で固められていた。



なぜか 新人の親衛隊に間違われ

写真撮影など 応援の雑用を否応なしに

命じられた。







馬鹿馬鹿しくなってきた頃、気がついた。


このジャッカル達は私を同性愛者だと......。








どうせなら このまま同性愛者のフリをして

友人を狙う殺し屋を探してやろうと決意した。









公演が始まり、中盤で


不審な行動をとるジャッカルが目に付いた。



手元には、3Dプリンターで作られた銃らしきものを手にしている。









すぐに警備員に大声をだしたのだが、

スピーカーの大音量で聞こえないようである。





仕方がないので 銃らしきものを取り上げようと手を伸ばすと 容疑者は 人混みへ逃げていった。






公演終了後、


友人の歌手の楽屋へ向かい事の起こりを説明し


 一緒に会場を後にした。







その直後に 






あの不審なジャッカルが忍び寄り


友人の喉元にナイフを切りつけ





現場は血だらけになり、犯人は 逃走。












友人は、声を失った。










外は 洪水になるほどの 





豪雨が続いた.......。

















あとがき.........









参照: 静かなる叫び
















ブレードランナー 龍兄虎弟


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%A0/%E9%BE%8D%E5%85%84%E8%99%8E%E5%BC%9F













コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM