単編「容疑者: 氷川大観 (横山きよしシリーズ)」

  • 2018.06.07 Thursday
  • 19:43





〜フィクションです〜







単身赴任が終了し 

横山きよしが自宅に帰郷すると


見知らぬ家族が住んでいた。




驚きすぎて 何者か尋ねると


「氷川大観と申します」..... とのこと。







きよしは、独身で 単身赴任中の自宅は

空き家だったはずである。


氷川家なんて、親類にはいないし

賃貸で勝手に自宅に住んでいるのか?





大家の連絡先を聞き出すと愕然とした。


「大家は、横山きよし」







身に覚えもない上、警察へ通報した。



不動産トラブルが多発していて

同様の事件の捜査線上に

為替(かわせ)不正の容疑者がいるらしい。






金融の「とばし」 が専門のブラック企業。


柴又の大手電機メーカーも

証券取引で被害を受けたようである。




手口は、簡単。


名を語り 他人にものを

勝手に貸し付け 利益を得る。








刑事は 被害者を無作為に

選んでいることに疑問を感じていた。



「横山きよし、氷川大観....... とばし....。」






犯人は、パズルのように電話帳で

調べているスパムまがいではないだろうか?









横山きよしは、母校である

関成(かんせい)大学で教鞭をとっている

同級生に相談を持ちかけた。








学内受付に尋ねると



あの教論になった同級生は行方不明になっており









職員室には、












彼のメガネだけ残され、






もぬけの殻だった。



















あとがき.........









やすし の せいせん  👓











家族万引き











コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM