歯医者と商社

  • 2018.06.27 Wednesday
  • 22:41











日本歯科医師会の政治団体「日本歯科医師連盟」を巡る、迂回(うかい)寄付事件で、東京地裁は27日、前会長らに、執行猶予つきの有罪判決を言い渡した。

日歯連の前会長・高木幹正被告と元会長の堤直文被告は、支援する議員の後援会に迂回して、法律の上限を超える献金をし、収支報告書にウソの記載をするなどした罪に問われている。

東京地裁は27日の判決で、「献金の上限を定めたルールは日歯連の過去の不祥事に端を発して、設けられたものにもかかわらず、組織的、かつ巧妙に迂回寄付を行った」と指摘した。

その上で、「不祥事の再発防止に取り組むべき立場にありながら法令順守をなおざりにした」として、2人に禁錮1年6か月、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。また、日歯連についても罰金50万円の判決を言い渡した。











歯医者業界は、よく知ってますよ。











//////////////////////














「数年後わかりますよ。」












 廃社  👿

















PS:







どんなのって?










毎回の.........












コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM