救出のタイミング

  • 2018.07.05 Thursday
  • 12:16










洞窟に閉じ込められ、10日目に発見されたサッカーチームの少年たち。想像を絶する恐怖を体験したとみられるが、タイ海軍特殊部隊が4日に公表した動画では「僕は元気です」と口々に語り、笑顔を見せた。 


 「こんにちは、僕はタイタンです」「僕はティーです」。11〜16歳の少年12人は3日に撮影された59秒の動画の中で、タイ式に手を合わせて「ワイ(合掌)」をした後、1人ずつ自己紹介した。体を温かく保つアルミホイル製の毛布のようなものに包まれる少年もいた。 

 少年らとともにいる特殊部隊の医師が「君たちのファンに何かメッセージはありますか」と問い掛けると、青のサッカー練習着を着た少年が「僕はまだ何も言っていない」と、自分の順番が忘れられたと発言。少年たちが洞窟内で大笑いする場面もあった。 

 地元メディアが報じた別の動画では、一部の少年が足の裏などの傷に薬を塗ってもらっている様子が映っていた。少年たちは「あと何時間したら、ご飯を食べられますか」と繰り返し潜水士に尋ねていた。救助当局は健康状態を考慮して、ゼリー状の栄養食品などを届けているという。 







//////////////////////











チリの崩落事故で地下に閉じ込められた時は 









69日後 救出された。 









9日経過して 
タイの地下に閉じ込められた少年達の体力が心配。 




「そして、雨........。」















PS: 








コピアポ鉱山落盤事故(コピアポこうざん らくばんじこ)とは、チリ共和国アタカマ州コピアポ近郊のサンホセ鉱山にて、現地時間2010年8月5日に発生した坑道の崩落事故。崩落により33名の男性鉱山作業員が閉じ込められるも、事故から69日後の現地時間10月13日に全員が救出された。サン・ホセ鉱山 (el yacimiento San Joséまたはla mina San José) は、コピアポの45km北に位置する。鉱山を所有していたミネラサンエステバン社[1][2]は、のちに倒産した[3]。 










EX)






閉じ込められた タイのサッカーチームを 


もっとも安全に

救出するタイミングが難しい。









7/6、7/7  or  7/10 ,  7/11




















コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM