単編「あんたにズッコンバッコン」

  • 2018.07.13 Friday
  • 08:34






禁止ワードを変えて表現しています。



「Fack」 = 「ズッコンバッコン」 

「Shit , bitch」= 「うんこさん」 

「Motherfucker」= 「カマキリ」 







〜フィクションです〜








刑務所にて男が壁を叩いている。



A「ズッコンバッコン ズッコンバッコン」


B「うんこさん!どうしたんだ」






Aは世間が自分を不自由にして


刑務所で身動きをとれなくしていると

考えている。




Bは答えた。


B「カマキリ!ブラザーを集めてデモをするべきだ! 看守は うんこさん!!」







囚人を集めて インドのガンジーのように

非暴力で看守の暴力に

対抗しようと言うのである。






そして すぐに彼の情熱は浸透し組織化した。






A「よく集まった 我がカマキリたちよ!看守たちの罪を世間に知らしめるのだ!奴らは 、う〜んこさ〜ん!」



囚人たち「うんこさん、うんこさん、うんこさん」










看守たちの非人道的な暴力は


無抵抗な囚人により強くのしかかった。







抵抗を続けたAは独房に放り込まれた。









食事も与えられず Aは独房で叫び続けた。



A 「ズッコンバッコン、ズッコンバッコン」












抵抗を諦めた囚人たちの食事の席に



Aの叫び声が鳴り響いた。







A「お前らにズッコンバッコ〜ン、うんこさん」










いつしか 独房から 



「うんこさん」の声が鳴り止んだ。




 








彼は 刑務所から自由になったのだ。















あとがき.......









なぜ彼は 自由ではないか?












= (例) 食事中に 「💩さん」











コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM