狂言

  • 2018.07.19 Thursday
  • 00:26










(1)


1983年、オランダの首都アムステルダム。事業に行き詰まっていた会社経営者のコル・ヴァン・ハウト英語版は、幼なじみの親友で妻の兄でもあるヴィレムをはじめとする仲間と結託し、世界的ビール製造会社「ハイネケン」の経営者で大富豪フレディ・ハイネケン英語版の誘拐に成功する。しかしその後の身代金交渉は遅々として進まず、人質でありながらも老獪で傲慢なハイネケンにコルたちは翻弄され、強い絆で結ばれていたはずの仲間たちの間に溝が生まれ始める。結局コルらは身代金を獲得しハイネケンは解放されるが、オランダ警察の捜査の手はコルらに伸び、メンバーが次々と逮捕され始めた。残ったヴィレムとコルは、ヴィレムの馴染みの女がいるパリに逃亡するが、コルが妻と電話で連絡を取ってしまったために潜伏先がばれてしまい、そこから逃げ出そうとしたところで2人はあえなく逮捕される。こうしてコル達犯人グループは全て逮捕されて服役、その後10年以上の刑期を終えて出所するが、強奪された身代金の一部は今も所在が不明のままである。そしてかつては親友同士だった仲間が全員揃うことはなく、大金と引き換えに仲間たちの絆は完全に崩壊していた。それは監禁中のハイネケンがコルらに予言していたことだった。











(2)



1973年7月のローマ。犯罪者たちの用意周到な計画に基づいてジョン・ポール・ゲティ3世が誘拐されるという事件が発生した。犯人たちは、当時フォーチュン誌によって”世界一の大富豪”に認定されたゲティオイル社社長の石油王のジャン・ポール・ゲティに孫の身代金1,700万ドルを要求したが、彼は支払いを断固拒否する。表向きは「もしここで身代金を支払ったら、他の14人の孫たちも金目当てに誘拐されるかもしれん」という理由ではあったが、総資産50億ドルとも言われるゲティは極端な吝嗇家としても知られていた。その裏で元CIAの交渉人チェイスを呼び寄せ、孫の奪還作戦を指示する。

余裕飄々としているゲティとは対照的に、3世の母親であるアビゲイル(ゲイル)は息子が殺されるかもしれないと怯えていた。ジョン・ポール・ゲティ2世との離婚で既にゲティ家を離れていたゲイルには身代金の支払いは不可能であった。一方で警察やチェイスはゲティ3世もしくはゲイルによる狂言誘拐を疑い始める。ゲイルの一挙手一投足を報道しようとマスコミが付きまとい、事件は世界中を巻き込んで加熱していく中、ゲティ3世の切り取られた耳が新聞社に送り付けられるという事態が発生する。









//////////////////////












(1)


この時代の人達、









(2)


金に狂っていたのかもね。












(3)


フィリピン🇵🇭に続き、タイ🇹🇭もご注意。



















PS:









(3)



かつてヤクザの組長を務めた龍三は息子・龍平のもとで隠居生活を過ごしているが、「ヤクザの息子」と白い眼で見られていた過去から息子一家は龍三を煙たがり、家庭の中でも窮屈な生活を送っている。連休に龍平が妻の実家へ帰省、留守を預かる最中に半グレ「京浜連合」からオレオレ詐欺の電話がかかる。示談金が揃えられない龍三は元子分のマサと詫びとして指つめを行おうとするが、受取人は恐れをなして逃げ出す。その夜、かつての仲間だったモキチが京浜連合とトラブルを起こす現場を目撃して助太刀するが、マル暴の村上刑事が間に入り事なきを得る。龍三はマサとモキチを自宅に連れ込むが、会社のトラブル対応のために帰宅した龍平に見付かり、自宅を出て行く羽目になる。

マサの部屋に居候することになった龍三は、かつてのヤクザ仲間や敵対した組長たちを呼び集め、京浜連合に対抗するための新しい暴力団を結成しようとする。しかし、集まったメンバーが全員組長・幹部クラスだったため、過去に起こした犯罪(殺人・傷害・懲役年数)をポイントに換算した結果、一番ポイントが高い龍三が組長に決まり、新組織「一龍会」を結成する。龍三は過去に恩を受けた榊会長の息子への挨拶を終えた後、京浜連合の徳永と遭遇し、彼の借金取り立てのやり方に腹を立て、京浜連合の本社に乗り込む。龍三たちは京浜連合ボスの西に仁義を切るが、彼はマル暴の村上を呼び龍三たちを追い出してしまう。村上から警告を受けたものの龍三は意に介さず、かつての縄張りを取り戻し京浜連合の商売を邪魔していく。

一龍会の存在を邪魔に感じ出した西は下っ端の石垣に、彼の恋人でモキチの孫娘でもある百合子を連れ去るように命令する。しかし、石垣は百合子を守るため二人でモキチに助けを求める。百合子に危害を加えられそうになったモキチは激怒し、一人で京浜連合の本社に乗り込み西を狙うが捕まってしまい、西に殺されてしまう。子分を殺された龍三は報復するため子分たちを引き連れ、京浜連合の本社に乗り込む。一龍会の本気を見て恐れをなした西たちは車で逃げ出すが、龍三たちはバスを乗っ取り西たちを追いかける。追い詰められた京浜連合のメンバーは龍三たちに殴り倒され、駆け付けた村上に詐欺罪で逮捕されるが、暴力団を名乗った龍三たちも逮捕されてしまう。連行される中、マサは「今回の件でポイントが貯まったから、出所後は自分が組長になる」と語り、龍三は「出所するころには全員死んでるよ」と言い返す。













EX)







シーア派聖地でデモ隊暴徒化 イラク、再び混乱の恐れ



イラク南部の油田地帯バスラなどで、電気や水道の公共サービスが行き届かないことなどへの抗議デモが起きている。比較的治安が安定していたイスラム教シーア派の聖地ナジャフでもデモ隊の一部が暴徒化し、空港が一時閉鎖される事態となった。昨年末に過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討終了を宣言し、復興途上にあるイラクだが、再び混乱に陥る恐れが出ている。

 デモは8日に始まり、首都バグダッドなどにも広がった。地元報道によると、これまでに治安部隊による銃撃などでデモ参加者8人が死亡、100人以上が負傷した。

 イラク南部では夏場の気温が50度に達することもあり、電力や水の不足、政治家の汚職や失業への抗議が起きていた。政府が改善策を約束しても停電や断水は頻発している。










コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM