(特別編) 単編「Enemy of Asia」

  • 2018.07.20 Friday
  • 00:04






〜フィクションです〜







2009年夏の ある日のこと。





男は、どうしても欲しいスニーカーがあり


開店前にスポーツショップに並んでいた。


すでに数十人の列ができていた。




数時間後、自分の番の直前に


前の女性の知人らしき男が割り込み 売り切れ


目的のスニーカーが買えなかった。






それから9年間、



職場や人付き合いなど


あらゆることに  割り込みが続いた。






しかも毎回 同じ顔のタイプなのである。






その不審者、いつも気性が荒く凶暴で


怒鳴り散らしてくるのである。



現れるたび 経済は暴落を続けた。







男は ノイローゼ状態になり


自殺を考えていた。











自害前に神社にお参りに行くことにした。







すると案の定、鳥居の前であの不審者の割り込み。







聖域にまで出現し 急に馬鹿馬鹿しくなり 



男は 自殺を思いとどまった。













翌日、



突然 あの不審者が消えた。











テレビをつけ ニュースを見ると







あの不審者に似た 建築会社社長の 男が









自殺をしたと報道されていた。
















後日、





他県で大災害がおこった。















あとがき......








(参照) 



ノーベル 文学賞受賞

作家ジョゼ・サラマーゴの小説


『複製された男』

(原題:The Double, 2002年













割り込むのは、毎回 同じ顔 🌴










コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM