単編「ワールズエンドせんのかい?」

  • 2018.07.27 Friday
  • 23:55






〜フィクションです〜







愛犬の肉球を触ると くすぐったいらしく


さらに続けると 暴れた。





そんな日々を過ごすうち、


ラーメン屋でご飯を食べていると


レジで客がわめいているのを目撃した。






お金が足りなかったのか捨て台詞を吐いた。



ラーメン屋客「タダ飯食ってんじゃねえぞ!」







なんのことやら 払えずに怒鳴って帰ったのは



あの客なのに 嫌な八つ当たりと思った。








次の日、



愛犬と散歩していると周囲の目は冷たくなった。



本当に理由が不明で 誰かデマでも町内に流したのか 日々の生活が辛くなった。








そうこうしていると 町を台風が襲い


町内会で道路の掃除が始まった。




それでも 未だに町人の無視は続き


この街全体が ウイルスに侵されている気がした。







ある日、





北部の町と合同で

集会場で町内会が開かれた。


もちろん呼ばれていない。






議題は、市税が高く野党から 政治家を追い出すようなデモまがいな過激な町内会だった。






気になり 愛犬と散歩がてら 

集会場の前を見に行くと


ちょうど終演したらしく人が多数出てきた。






愛犬との散歩に気がついたらしく


ある参加者が愛犬を蹴飛ばし逃げて行った。





幸運にも愛犬は骨折などせず


打身程度だったので 


痛む愛犬を看病しながら 涙した。











次の日


北部で 大地震が発生した。












近隣の町工場は北部の会社の

下請けだったらしく








ほとんどの工場が 破綻し 町を去った。











その後、




工場の跡地は 建設ラッシュとなり






町は 好景気に沸いた。


















あとがき.......










台風 -> ウイルス-> デモ->  地震














「花咲か爺さんの話」








ビリケン ○   、 たむけん ✖











コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM