一姫二太郎三かぼちゃ

  • 2018.07.30 Monday
  • 19:25









念願の「志村魂」へ








「一姫二太郎三かぼちゃ』〜松竹新喜劇より〜」



77歳になった母親の喜寿を祝うために、都会で暮らす6人の兄弟たちが帰ってきた。彼らを出迎えたのは三男の三郎。できの悪い三郎は兄弟の中で唯一都会に出ず、家に残って両親や未亡人となった義姉と暮らしているのだ。勉強ができて社会的地位のある兄弟たちはそんな三郎のことをバカにする。
一方、三郎は滅多に親に顔を見せない兄弟のことを不満に思う。そこで兄弟たちは祝の席にもかかわらず三郎を仲間外れにするのだが…。











藤山寛美さんに思えてきて感動の舞台でした。


いわゆる「いもたこなんきん」。







//////////////////////














家族に馬鹿にされ 一人貧しい三男。



実は 親戚家族全員 


三男のお金(クリスタルスカル)で


裕福に暮らしていたシンデレラマンの


アンハッピーエンディングストーリー






(参照) クルピ デッカード拉致事件2045
















今日も嫌がらせ.......。









そして オバハンの火病。



















じっちゃんの名にかけて......



それでも 負けない 🔥












そんな感想。












コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM