ミステリー単編「遠隔偽証」

  • 2018.08.05 Sunday
  • 02:55





〜フィクションです〜






小学生の少年は、引っ越しで隣町へ。


少年の家は 藍染色を江戸時代から始めた名家。


さっそくお隣に挨拶に行った。




まず お隣のご主人が何をしているか尋ねた。



十数年前から藍染色で名を馳せた...... あれ?





同じような境遇なのだろうか?


偶然にしては気持ちが悪いので


挨拶程度の付き合いとなった。






数年後、


中学に入学するため 引っ越しすることになった。

新居は前とは異なる環境で前のお隣さんのことは忘れていた。






翌年、新居の隣の家から犬の声が聞こえた。


仔犬を飼い始めたようである。



隣人「スポッツ! おいで〜 」






ウチの犬と同じ名前である


気持ちが悪くなりお参りに行くことにした。





近所の神社の隣はカトリック教会で


とりあえず高校受験も合格するようにお参りをした。






中学卒業後、


高校は 他県で 寮に住むことになった。


引っ越しも完了し、近所の神社さんへ


恒例のように ご挨拶に。





その神社の隣は、ゴミの集積所で


ありえない光景に驚かされた。






寮に帰宅して、一応 隣の家を確認すると








なんと表札が 青年の 姓 であった。










先祖、教会、犬、そして 名前...... 隣人。



何がどうなっているのか 混乱し始めた頃、







母方の曽祖母が他界した。









彼女は 修道女だった。











数ヶ月後、 神社の隣のゴミの集積所は




綺麗な駐車場に舗装された。














青年は、最後まで 疑わなかった。











曽祖母の葬式で気がついたのだが、









教会の神父の名前が同じだった。














長年 付きまとっていた



メカゴジラが消えた日。














あとがき.......







ジーンズは Levi’s 










ただの 自分のルール。












I remember.


http://nu-chayamachi.com/sp/search/shop/?id=64













コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM