師匠と弟子

  • 2018.08.11 Saturday
  • 22:39










師匠「お金の餌で釣ると 雑魚ばかりだぞ。」


弟子「じゃあ幻の魚を釣る餌は、なんなんですか?」




師匠「それは、信用だよ!」











師匠「悪役が 腰抜けなんてありえないだろ?それと同じだ。」



弟子「敵か味方か混乱しますね〜。」












師匠「だからよ〜 社会が成り立ってんだよ。」













弟子「師匠、つれないな〜。」















師匠「連れてんじゃねえか、お前だよ!」



















PS:








身に覚えのない八つ当たりで


死にたくなったら




 寝て  忘れた方がいいです。












「東日本銀、会長が引責=不適切融資で改善計画」


コンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)傘下の東日本銀行(東京)は10日、取引先から根拠不明の手数料を取るなど不適切な融資が見つかった問題で、内部管理体制の確立を柱とする業務改善計画を金融庁に提出した。2011年から今年6月まで頭取を務めた石井道遠会長(元国税庁長官)(66)は今月末で退任する。

 東日本銀では、石井氏が頭取だった15年から17年にかけ、不適切な融資が多数発生していた。同行は石井氏が自ら退任を申し出たと説明しており、不祥事の責任を取ったとみられる。

 記者会見した東日本銀の大神田智男頭取(61)は「このような事態を二度と発生させないため、計画遂行に全力で取り組み、信頼回復に努める」と強調した。










「スルガ銀、ダミー会社で融資拡大=シェアハウス問題」


スルガ銀行(静岡県沼津市)のシェアハウス関連融資で、同行の行員がダミー会社を次々に設立して融資を拡大させていた実態が10日、明らかになった。ある不動産業者が販売するシェアハウスへの融資を当時の幹部が禁じたものの、別会社の案件のように装い行内審査をくぐり抜けていた。

 企業統治の機能不全ぶりをうかがわせる内容で、弁護士らで構成する同行の第三者委員会も調査を通じ、こうした実態を把握しているもよう。組織ぐるみかどうかも含めた全容と改善策を盛り込んだ報告書を月末までにまとめる
















Mix ‘ CHEAT ‘

http://alan-smithee.com/?eid=5477













コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM