短編「社長の本分」

  • 2018.08.26 Sunday
  • 13:26






〜フィクションです〜







大会社の社長が 業績も上がり


全ての社員へ感謝をしていた。






ある日のこと


休みの日に小さな小売店に出向き 


サプライズで感謝を述べる計画を練った。






小売店に到着すると、


すぐさまセールスマンが声をかけてきた。



どう思ったのか 凄い上から目線の客対応。







社長の冷やかしのサプライズではあるが



挙句、お前のような人間は商品にあたいせず


売ってやるのは、

世の情けとかの くだりで...... 店を出た。







社長は、これが現実だと自分に言い聞かせ


サプライズプレゼントは郵送で送ることにした。








社員教育の問題なのか、


ボランティア精神の欠如なのか、



しかし、業績上昇は現実的である。






社長は、しばらく 見守ることにした。

















数週間後 、会社のメガ工場が火災に遭った。











「豆腐で太っていた社長は、退陣した。」


















あとがき........










カルチョ・スキャンダル (Calcio Scandal) とは、2006年5月に発覚したイタリアサッカー界の一大スキャンダルのこと。カルチョーポリ(Calciopoli, 「サッカー」を意味する Calcio と「疑獄事件」を意味する Tangentopoli からの造語)とも呼ばれる。


ユヴェントスルチアーノ・モッジゼネラルマネージャー (GM) やアントニオ・ジラウド最高経営責任者 (CEO) らが主犯格とされ、組織的に審判(主審、副審)を買収、脅迫し、自チームに有利な判定を行うよう指示していた。また、イタリアサッカー連盟 (FIGC) の元会長であるフランコ・カラーロや審判協会 (AIA) の元会長であるトゥーリオ・ラネーゼもこれに協力していたとされており、イタリアサッカー界の腐敗体質が世に知れ渡ることとなった。ユヴェントスの他にも ACミランフィオレンティーナラツィオレッジーナが関与していた。




http://alan-smithee.com/?eid=5508












作家 (サッカ)











ジョン・マケイン上院議員さんの

ご冥福をお祈りいたします









コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM