短編SF「消滅した人々」

  • 2018.09.13 Thursday
  • 15:30






〜フィクションです〜






弁護士事務所に 依頼が来た。


特殊な事件で、ある女性に超能力があって


それを悪用しようとした男と 一緒に


窃盗事件で逮捕されたらしい。






嘘のような話だが、銀行のATMなどで


前に割り込み 横のターゲットのATM口座から


現金をハッキングできる超能力らしい。







実際に検証してみると、そんな事実はないが


3回確認し  突然 キャッシュカードが


読み込み不能になった。







SFコミックのような話だが 女の風貌は、


身長が低く 肥満型で狂犬のような風貌。



ピンプの男は、ネズミ男のようで


とにかく よく喋る面倒くさいタイプである。







驚くべきは、





拘置所に拘留していたのだが 釈放前に 


刑務所から 突如、女は 姿を消した。




ピンプの男は その後、食道癌で 他界。












さらに驚くべきは 数ヶ月後、





マレーシア周辺で航空機が墜落した。











墜落した飛行機の乗客リストに 







あの女の名前があった。













その日から




日本の 半分の犯罪 が消滅した。
















あとがき.........









超くっきーランドNeoNeo in 大阪


開催中










コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM