実録: 拉致事件の真実

  • 2018.09.26 Wednesday
  • 22:59











タレントの菊池桃子さんにストーカー行為をした罪に問われた男の裁判で、東京地裁は、執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。

元タクシー運転手の飯塚博光被告は、つきまとわないよう禁止命令が出されていたにもかかわらず、今年6月、2度にわたって菊池さんの自宅のインターホンを鳴らした罪に問われている。

26日の裁判で飯塚被告は「今後は病院で治療がしたい。人よりも思いが強かった原因が何なのか、自分でも知りたい」と述べ、菊池さんに対しては「長い間ご迷惑をおかけしまして、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

東京地裁は、「ストーカー行為に対する抵抗感の乏しさは明らかであり、被害者に与えた影響は大きい」として、飯塚被告に懲役1年、保護観察付きの執行猶予4年の判決を言い渡した。










神隠しとか呼ばれる拉致事件。


映画「アンセイン」を見ればわかります。










//////////////////////














古くは、「マッキントッシュの男」や


「ゴーストライター」な話。

















いわゆる 「Wag the dog」。


http://alan-smithee.com/?eid=5554







コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM