不知火検校 🗽

  • 2018.12.10 Monday
  • 01:20










私が選ぶ 最高の日本映画の1つは


「不知火検校」。












現代病のような この世の


罪人のお話。














 まるで四谷怪談の伊右衛門。












//////////////////////














不知火検校の捕まりかた ?









....................











= 参照: Dial M for Murder

















PS:









ロスタイム18分は、


さすがに ありえないと思います 🗽




http://alan-smithee.com/?eid=5672














革新機構の田中社長ら辞任へ=経産省と対立解けず―機能停止の危機に



官民ファンドの産業革新投資機構(JIC)田中正明社長は9日、辞任する意向を固めた。所管官庁の経済産業省と報酬、投資手法をめぐり対立しており、関係修復は困難と判断した。JIC取締役のうち、経産、財務両省出身の2人を除く全8人が田中氏と歩調を合わせ、10日にも辞任の意向を表明する。新規産業創出を目指した官民ファンドは発足から3カ月足らずで機能停止の危機に陥る。

 経産省は9月に既存組織を改組してJICを設置。大手銀行グループ出身の田中社長ら経営陣に年額で1500万円の固定報酬、最大4000万円の短期業績連動報酬などを支給する報酬案を提示した。しかし、首相官邸などの「高過ぎる」との批判を受けて11月に撤回。さらにJIC傘下ファンドの個別出資に対する政府管理の強化を要求した。

 JICは「人材を集められず、投資計画も遂行できなくなる」(役員)と反発し、当初報酬案などを前提にした予算措置を申請。一方、経産省はその認可を拒み、「100%近い株式を保有する国の意向を反映させていく」(世耕弘成経産相)と表明、両者の歩み寄りは困難となっていた。

 JICは国内外の投資会社、海外の政府系投資ファンドと連携し、長期資金を人工知能(AI)やロボット、創薬といった成長産業に投じることで、日本経済の競争力強化に資すると期待されていた。しかし、田中氏ら金融専門家の辞任後の後任探しは難航必至で、組織運営が暗礁に乗り上げる公算が大きい。 










日産・西川社長の交代を計画=ゴーン容疑者、業績不振で叱責も―米紙報道



日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が巨額の役員報酬を隠したとされる事件で、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は9日、ゴーン容疑者が逮捕前、同社の西川広人社長の交代を計画していたと報じた。

 同紙が複数の関係者の話を基に伝えたところでは、ゴーン容疑者は何カ月にもわたり日産の経営陣の刷新を計画し、西川社長の交代も検討していた。ゴーン容疑者は西川社長の経営方針に不満を抱き、とりわけ最近の米国事業の不振についてたびたび叱責していたという。 






http://alan-smithee.com/?eid=5678











コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM