インドネシアで津波 🇮🇩

  • 2018.12.23 Sunday
  • 19:26











インドネシアで津波、168人死亡 30人が行方不明



インドネシア中部のジャワ島とスマトラ島の間に位置するスンダ海峡で22日午後9時27分(日本時間22日午後11時27分)ごろ、津波が起き、少なくとも168人が死亡、745人が負傷、30人が行方不明となっている。海峡にある火山島が噴火し、海底で地滑りが起きたことが原因とみられる。









//////////////////////









「8年前」









東日本大震災で津波の被害を受けたクルマは岩手、宮城、福島の3県で少なくとも23万6000台にのぼるとみられ、内訳は宮城県が約14万6000台、福島県が約5万台、岩手県は約4万台ということだ。

 津波は多くの人命や財産を奪ったが、奪うだけではなく多くの廃棄物を生んだ。家やがれき、流された自動車もそのひとつだ。そしてこの被災車両の処理に各自治体が頭を痛めている。

 津波で流されたクルマが幹線道路を塞ぎ、復旧の妨げとなった。各自治体はクルマの撤去を進めるが、損傷の大きな被災車両は危険なためにレッカー移動ではなく、クレーンで引き上げトラックなどに乗せ移動させているという。時間も手間もお金もかかる。

 しかも、そのまま廃棄するわけにはいかない。クルマには財産権があるため、一時保管し所有者の同意を取り付けなければならないからだ。さらに一時保管場所探しも容易ではない。1 (100m×100m)におけるクルマは1000台弱。当然、3台なり4台なりを積み上げて保管することになるが、荷物を取り出せなくなることやクルマを傷つけてしまうことなど問題も多く、1台ずつを基本としているところもある。




日産自動車(株) いわき工場 

〒971-8183 福島県いわき市泉町下川字大剣386番地








......................







「5年前」









日産自動車は8日、インドネシア・プルワカルタで第2工場を開設し、同国での年間生産能力を25万台に拡大したと発表した。プルワカルタへの投資額は合わせて330億円。

6万平方メートルの敷地を持つ新工場は、車体、塗装、組立のラインを備え、現在の年間生産能力10万台から、フル生産時には25万台へと拡大する。当初は同国の顧客向けにダットサン車両の生産を行う。

これに合わせて、低価格グリーンカー(LCGC)プログラムの認可を取得。同国のモータリゼーションに向けた成長エンジンになることが期待されるLCGC部門へ参入する。同社では、2014年にインドネシアで9万台以上の販売目標を掲げており、販売店舗数を現在の100店舗から年内に130店舗へ増やす計画。





















PS:









日産自動車 と三菱自動車、



まだ懲りないなら 


死を覚悟した方が良い。











コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM