ペルー警察の汚職疑惑 (ジャッジアイズ ) 🇵🇪

  • 2019.01.06 Sunday
  • 14:23












大王製紙工場で火災、けが人なし



 6日午前2時20分ごろ、愛媛県四国中央市三島紙屋町大王製紙三島工場で「付近に火が見える」と通行人の男性から119番があった。四国中央署によると、工場のベルトコンベヤーなどが燃え、消防車16台が出動、約5時間半後に鎮火した。けが人はいなかった。

 同署は工場にある動力設備ヤード内の廃棄物燃料を粉砕する機械から出火したとみて、原因を調べている。

 現場はJR伊予三島駅の北東約1.2キロの工場地帯。















ペルーとブラジル国境地帯でマグニチュード7.2の地震が発生した。ペルー地球物理研究所が発表した。




地震が発生したのは、日本時間で6日4時24分、震源地は、アクレ州タラウカ付近。震源の深さは598キロ。

なお、今のところ犠牲者や建物の倒壊に関する情報は伝えられていない











////////////////////////////
















自称 ブラジルであっても、ペルー国籍 🇵🇪

















なりすましにご注意  🇧🇷




















PS:










地震原因 🇧🇷



= 「隣人偽証 🇵🇪」














EX)







反分子: 「だから何なん?」
















= センデロ・ルミノソ



1920年代にラテンアメリカ全体でも独創的なマルクス主義思想家として活動したホセ・カルロス・マリアテギが、インディヘニスモに近い立場から独自の革命理論を説いた理論書『マリアテギの輝ける道』にちなんで命名された。正式名称「ペルー共産党」。一時、ペルーの国土の3分の1を制圧したこともあるが、その軍事活動や統治の冷酷さから「南米のポル・ポト派(クメール・ルージュ)」とも呼ばれるほど恐れられた[1]






🍛 ☠












コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM