単編「白い天使」🏃♂

  • 2019.01.11 Friday
  • 23:56







〜フィクションです〜








お正月、店は活気にあふれて


各々の店舗では 福袋が用意されていた。






午前11時にすべてのお店がオープンするので


数量限定で販売され 列を作り、



売り切れが生じるので 本当に好きな1店に並び


福袋を買うしかないのである。







主人公の男は、人気店の店主と仲がいいので


情報を得ていた。



数百人が列をなすので、限定15個の福袋は


抽選販売とするらしい。


さらに店主は、愚痴をこぼした...... 。







この数ヶ月、店への中傷をSNSで書き込む


「やから」がいて、


店員がノイローゼに罹ったらしい。





店は、チームなのである。






社長も 中傷に迷惑していて


店を移転させる可能性も出ているらしい。










元日 当日、様々な店で列がなし


お目当のお店も 賑わっていた。




整理券をもらい 数十分の一に期待をかけ


当選発表を待っていた。








すると 目の前に 二人の太めの巨漢の男が


割り込んで来た。





一人は、気弱で顔の薄い巨漢で 


もう一人は やかましい暑苦しい巨漢タイプ。






大きな声で 他店で福袋が買えなかったとか


こんな店で福袋なんか買うか!........など


店員を馬鹿にするような会話が続いた。







主人公は、店主が言う「やから」容疑者だと


気がつき 注意しようとした瞬間 !!







店内放送で 抽選結果が発表されて 


主人公の当選を発表された。




周囲を見回すと、あの二人がいなくなっていた。









当選が 嬉しすぎて 


あの二人のことを忘れていると







最寄駅のホームで










人身事故のアナウンスが流れた。












巨漢の男性が 線路に転落したそうだ。















電車は 数十分 、来なかった。




















あとがき........








裏切り者にご注意。





Alfredo Rodriguez de Villa 🔥

(ワインスタインに似てるやろ?) 



http://alan-smithee.com/?eid=5729














コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM