マドゥロ 🇻🇪

  • 2019.01.28 Monday
  • 19:21














バス運転手から

独裁者へ

の道、ベネズエラ

大統領マドゥロの正体




21世紀に南米の地に新たな共産国家を誕生させたニコラス・マドゥロ大統領(55歳 以下、敬称略)は歴史に残る傑出した人物なのかもしれない。チェ・ゲバラもウーゴ・チャべスも不可能だったことを成し遂げたのである。

 だが、現実の評価はあまりにも低く、スペイン語圏ではマブゥロ(ロバから派生した「とんま」の意味)と揶揄されている。カリスマ性なし、知性なし(?)、人気なし。その上、元軍人ではなく、インドのサイババ信者である。

 なぜ独裁者として君臨できているのか?  不思議だ。











ベネズエラの「暫定大統領」就任を宣言した野党指導者のフアン・グアイド国会議長は25日、ニコラス・マドゥロ大統領の退陣を求める運動を強化し、「大規模なデモ」の実施を呼び掛ける一方で、メキシコが仲介役を申し出たマドゥロ氏との協議には応じない意向を示した。







////////////////////////












韓国の時のように非武装デモ


になりそうですね。









(なりすまし にご注意!)
















PS:




2018年06月28日


サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で6月27日(現地時間)、一時は1次リーグ敗退が危ぶまれたメキシコが辛くも決勝トーナメント進出を決めた。

同じグループで競り合っていたドイツが韓国に敗れたためで、メキシコのサポーターたちは韓国の勝利を我が事のように祝福。メキシコにある韓国大使館にもサポーターたちが殺到、大使館幹部もテキーラのラッパ飲みで「返礼」した。







コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM