レグレッション 🚺

  • 2019.02.03 Sunday
  • 02:07













 東京・葛飾区に住む女子大学生が茨城県神栖市で遺棄された事件で、逮捕された男は「あなたのことを拡散すると言われ、携帯電話を取ろうと思ったら騒がれた」と話していることが分かりました。

 広瀬晃一容疑者(35)は去年11月20日ごろ、神栖市の畑近くの土の中に女子大学生の菊池捺未さん(当時18)の遺体を遺棄した疑いが持たれています。捜査関係者によりますと、広瀬容疑者は「(菊池さんに)あなたのことを拡散しますと言われ、携帯(電話)を取ろうと思ったら騒がれた」と供述していることが分かりました。2人はインターネットの掲示板サイトで知り合い、金銭トラブルがあったとみられています。警視庁は広瀬容疑者が「拡散する」と言われて逆上し、犯行に及んだとみて調べています。










////////////////////////////















1990年ミネソタ州、ブルース・ケナー刑事は虐待事件の捜査に当たっていた。加害者のジョン・グレイは17歳の娘(アンジェラ)を虐待した容疑で告発されており、本人も容疑を認めていたが、グレイには娘を虐待した記憶がないという奇怪な事件であった。ケネス・レインズ教授の協力を得て、捜査チームがグレイに回復記憶療法による治療を受けさせたところ、事件にジョージ・ネスビット刑事が関与している可能性が浮上してきた。捜査チームはネスビットを調べ上げたが、事件への関与を示す確たる証拠は出てこなかった。その後、捜査チームはアンジェラの証言から悪魔崇拝カルトが事件に関与しているのではないかと疑い始めた。

ケナーとレインズはアンジェラの兄(ロイ)の元へ行き、何故実家を離れることになったのかを尋ねた。ロイも記憶があやふやだったため、レインズが退行療法を施したところ、ロイは子供の頃に自室に入ってきたフードを被った人間の存在を思い出した。2人はその人物がロイの祖母(ローズ)ではないかと疑うが、彼女が虐待に関与した証拠を発見できなかった。

その後、ケナーは悪魔崇拝カルトの儀式に巻き込まれるという悪夢に苛まれるようになった。それを知ったアンジェラは「私の腕に悪魔の紋章が浮かび上がったという理由で、カルトは私を殺そうとした。貴方も危ない状況にある。母さんが亡くなる間際にも怪現象が相次いだから。」とケナーに告げた。恐るべきことに、ケナーはアンジェラの母親に起きたものと同様の出来事に遭遇するようになったのである。










映画は、町ぐるみの犯罪で

HOT FUZZ的なのだが











和歌山カレー事件の

林真須美 死刑囚のような事件が

おきかねない気がします。















コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM