未来の事件 😷

  • 2019.02.17 Sunday
  • 18:53











草津市にあるキヤノンの子会社の敷地でハトおよそ60羽が死んでいるのが見つかり、警察はハトが死んだ原因を調べることにしています。

14日正午ごろ、草津市南山田町にある半導体の開発などを行っているキヤノンの子会社の社員から「鳥が大量に死んでいる」と県に連絡がありました。
県と警察が調べたところ、会社の建物の屋上とその付近の駐車場に合わせておよそ60羽のハトが死んでいるのが見つかったということです。
県によりますとハトの口からは何かを吐き出したような跡があったということで、現場で鳥インフルエンザの簡易検査を行ったところ陰性だったということです。
この会社はJR草津駅から南西におよそ2キロ離れた車の通りの多い県道に面しています。
警察によりますと駐車場を社員が早朝に通ったときにはハトの死骸はなかったということで、警察は今後、現場の状況をくわしく調べるとともに会社の社員から話を聞くなどしてハトが死んだ原因を調べることにしています。



https://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/20190214/2060002044.html 














半導体工場の敷地内で ハトが大量死、

名古屋では豚コレラの現状。



1: 何者かが毒を巻いた

2: 工場の廃棄物で汚染

3: 半導体技術が生命体に及ぼす影響










////////////////////////////
















廃棄汚染が 原因ではあると思うが












「3: 半導体技術が生命体へ及ぼす影響」も


未来にはありえるのだと思います。





















PS:








体調不良で自宅で療養中なのですが


1日中 テレビやニュースを見ていて











「女性蔑視の過剰な主張は、鬱病の初期を疑い、


周囲は見守る必要がある」に感銘しました。













EX)








近江八幡宮の会合にて 仕出し店の弁当で

18人食中毒 滋賀・ノロウイルス検出



滋賀県は17日、近江八幡市十王町の仕出し店「豆伝ショップ」の弁当を食べた18人が、下痢や嘔吐の症状を訴え、このうち4人と同店従業員2人の便からノロウイルスを検出したと発表した。県東近江保健所は食中毒と判断し、同店を17日から19日まで営業停止処分とした。
 同保健所によると、18人は11日に近江八幡市の神社であった会合で配られた、刺身や巻きずしの入った弁当を食べた14〜74歳の男性。全員軽症で快方に向かっている。ウイルスを検出した従業員2人は症状が出なかった、という。











コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM