ボーダーライン2 ソルジャーズデイ 💣

  • 2019.03.20 Wednesday
  • 15:13










アメリカ合衆国カンザスの商業施設で自爆テロが起こり、大勢の民間人が犠牲となる。アメリカ合衆国国土安全保障省は、テロ実行犯らがメキシコ麻薬カルテルの助けを得てアメリカに不法入国したという仮説を立て、CIAのマット・グレイヴァ―にカルテル殲滅を依頼する。グレイヴァーは、カルテルに家族を殺害されたコロンビアの元検察官、アレハンドロ・ギリックをリクルートし、あらゆる策を使ってカルテル殲滅のための作戦を展開する。

カルテル同士の抗争を誘発するため、アレハンドロはあるカルテルのリーダーの娘イザベルを拉致し、敵対する別のカルテルの仕業であるかのように犯行を偽装する。 テキサスでイザベルの救出劇を偽装した後、マット、アレハンドロと隊員達は彼女をメキシコに連れ帰るが、その途中メキシコ連邦警察から奇襲攻撃を受け、銃撃戦が起こる。マット達は連邦警察の警察官等を全員射殺する。この騒動の中、イザベルは車両から抜け出し脇道に隠れる。アレハンドロはイザベルを探すため単身でグループを離れる。

アメリカに戻ったマットは、メキシコ政府がCIAの偽造工作を察知していること、カンザスでの自爆テロの実行犯はメキシコの麻薬カルテルとは無関係だったことを知らされる。メキシコとの関係悪化を恐れたアメリカ合衆国大統領は作戦の中止を命令する。マットはアレハンドロと衛星電話を通じて交信し、作戦の証人であるイザベルを抹殺するよう命じる。アレハンドロがこれを拒否したため、マットはアレハンドロ、イザベル両者を始末するため、再びメキシコに入国する。

アレハンドロはマットの逆手を突き、イザベルをアメリカに密入国させようとする。アレハンドロとイザベルは国境付近の町でメキシコのギャング団に捕まり、アレハンドロは顔を撃たれ倒れる。イザベルを拉致したギャング団は車で移動するが、監視衛星で彼らの動きをつかんでいたマットと彼のチームがギャングを全滅させイザベルを救出する。イザベルに同情したマットは彼女をアメリカに連れ帰り証人保護プログラムで保護することにする。

1年後、顔に大きな傷跡がある男(アレハンドロ)がメキシコのショッピングモールに現れる場面で物語の幕が閉じる。










スタッフが変わって

心配していた続編。









////////////////////////////














すぐわかりましたよ。












香港の

ヤクザ映画になってますやん。












コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM