新元号は、「令和」 🇯🇵

  • 2019.04.01 Monday
  • 14:17














 安倍首相は1日昼の記者会見で、改元に関する首相談話を発表し、新元号「令和」について、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている」と説明した。

 万葉集を選んだ理由としては、1200年あまり前に編纂(へんさん)された日本最古の歌集であることを挙げ、「豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書(日本で書かれた古典)」だと述べた。













感覚的には、間違っていない気がします。











////////////////////////////














天才の育成を考えるなら












スパイスが鍵となるイメージ。















長寿と繁栄 ....... 無病息災。











...................

















課題は、また あの........... 「砂の惑星」



















PS:










映画「DUNE」


2020年 11月全米公開予定













人類が宇宙帝国を築きあげた遥か遠い未来。思考機械の反乱を鎮圧し特殊な精神世界を作り上げた人類は、大王皇帝、輸送を司る宇宙協会、土地を司る大公家連合の三つの勢力に分裂していた。大王皇帝シャッダム四世(ホセ・ファーラー)は、従弟のレト・アトレイデス公爵(ユルゲン・プロホノフ)に砂丘(デューン)として知られる砂漠の惑星アラキスを与える。アラキスは不老不死の薬が産出され、莫大な富を約束してくれる惑星だった。しかし皇帝は、アトレイデス家の敵ハルコネン家と結託し、大公家の社会で人気の高いレトを失脚させる手段を模索していた。

やがてアラキスに到着したレトのアトレイデス家は、医師のユエによる裏切りと、ハルコネン家が皇帝から援軍で送られたサルダウカー軍団の襲撃に合う。

ハルコネン男爵に捕えられたレト公爵は自害し、息子ポウル(カイル・マクラクラン)と公爵の妾妃でポウルの母、ジェシカ(フランチェスカ・アニス)は、命からがら砂漠へ逃げ延びた。二人はアラキスの原住民であるフレーメンに紛れ込む。フレーメンは恐るべし戦闘能力を持ち、その勢力を集結すればハルコネンに勝利できる。フレーメンの一員になる修行を積んだポウルは、生命の水によって未来を透視する能力を身につける。ジェシカが所属する宗教団体のベネ・ゲセリットが待ち望んでいた救世主はポウルだった。砂漠に生息する巨大な砂虫を操る術を身につけ、フレーメンから妻を迎えたポウルは、モアディブという称号を与えられ指導者となった。
















コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM