ドイツの小型機 墜落 ✈

  • 2019.04.01 Monday
  • 17:12













ドイツのフランクフルト南郊で3月31日、小型機が墜落し、乗員乗客3人が死亡した。現地警察が明らかにした。犠牲者の一人は、ロシアのS7航空(S7 Airlines)の共同経営者、ナタリア・フィレワ(Natalia Fileva)氏(55)だったと同社が明らかにした。

 小型機は6人乗りでフランスからドイツ・フランクフルト南郊のエーゲルスバッハ(Egelsbach)に向かっていたところ、グリニッジ標準時(GMT)午後1時30分(日本時間同10時30分)ごろ墜落。警察によると、墜落後、機体は完全に燃え尽きた。小型機に乗っていたロシア人とみられるもう一人の乗客と、操縦士も死亡した。

 フィレワ氏の夫はS7航空の最高経営責任者(CEO)、ウラジスラフ・フィレフ(Vladislav Filev)氏。米経済誌フォーブス(Forbes)の2018年版長者番付によれば、フィレワ氏の資産は推定6億ドル(約670億円)で、ロシアで4番目に裕福な女性とされていた。

 ドイツのDPA通信によれば、墜落現場に向かっていた警察車両が別の車と衝突し、車に乗っていた2人が死亡。警察車両にいた警察官3人も重傷を負った。













フランクフルトは、


この数年、あまり良くない事件が多い。












////////////////////////////
















例えるなら、和歌山のフィリピンコミュが


相手をハッキングしたつもりが














自分のパイロットを


ヒューマンハッキングしてしまった疑い 🇵🇭




(原因は、反米感情)

















「このままでは ドイツ銀行の信用が消える🇩🇪」



http://alan-smithee.com/?eid=5869


















PS:







いわゆる ハイエナ。


「反米女」














この数日、インドで大地震が連発😭














EX)










韓国外務省が公開した外交文書では、1987年11月29日、イラク・バグダッド発のアブダビ経由ソウル行き大韓航空機が爆破され、乗客・乗員115人全員が死亡した事件で、大統領選挙を目前に控えた全斗煥(チョン・ドゥファン)政権が北朝鮮工作員の金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚の韓国移送を投票日前に実現することを最優先に外交交渉したことが確認された。











コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM