高騰しすぎのチケット 🎫

  • 2019.04.19 Friday
  • 18:14











晴れやかなはずの発表会見が、不穏な雰囲気に包まれた。

 サッカーJ1神戸の親会社の楽天は18日、神戸とスペイン1部リーグ昨季王者のバルセロナが7月27日にノエビアスタジアム神戸で親善試合「Rakuten Cup」を行うと発表。さらにメインイベントとして、バルセロナとイングランドプレミアリーグの名門チェルシーの対戦(7月23日=埼スタ)もサプライズで発表された。

 楽天の三木谷浩史会長兼社長(54)は「今回は欧州ナンバーワン、ツーを争うチームが対決するドリームが実現する。日本では初めてのことだと聞いている」と胸を張った。

 チケットの価格も強気。19日から抽選で先行販売が始まり、バルセロナ−チェルシーは最低価格が1枚1万5000円で、最高20万円。バルセロナ−神戸戦は1万円から12万円に設定された。

 しかし、三木谷氏とバルセロナのエリック・アビダル・テクニカルセクレタリー(39)との写真撮影は、スチールカメラと動画を一緒に行いワンポーズのみ。三木谷氏は会見途中に理由も告げずに退場し、質疑応答は司会者と三木谷氏の代役で出てきた楽天役員、アビダル氏の掛け合いで終わった。これには特に海外プレスが怒り心頭で「なぜ、何も質問をさせないのか? われわれはあなた方のPR屋ではない」と抗議する一幕もあった。

 理由は、前日17日に突然発表された神戸・リージョ監督(53)の電撃解任にあった。

 後任には同監督を招聘するためにあえて配置転換した吉田孝行前監督(42)が再登板するという不可解な人事。主将としてチームを引っ張ってきた元ドイツ代表MFポドルスキ(33)は、リージョ監督解任をうけて「主将を降りる」と宣言。自身のツイッターには『他人に誠実に接することのできない人間が、他人からの忠誠を期待するな』という文面に#fact(真実)というハッシュタグを添え意味深長な投稿をした。

 世界中が注目する親善試合にポドルスキが不在という、まさかの事態に追い込まれる可能性も出てきた。



















700円のラーメンが

7000円になったようなチケット高騰。


途中退場は、あまりに 「まずい」。











////////////////////////////














来月から チケットの高い


イベント予約が始まります。






日本代表 キリンチャレンジカップ 
バルセロナ vs チェルシー 
マンチェスターシティ vs マリノス 
バルセロナ vs ヴィッセル 
東京オリンピック 
Queen + アダムランパード 


など.......

















コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM