領空権 🚀

  • 2019.05.06 Monday
  • 15:58











「5/3」



ガザからロケット弾250発 イスラエル軍は空爆で応戦

 中東のパレスチナ自治区のガザ地区から4日、イスラエル国内に向けて約250発のロケット弾が発射された。一部が民家に直撃するなどして、少なくとも2人が負傷した。地元メディアによると、うち1人は重傷という。イスラエル軍はガザ地区に対する空爆で応戦し、ガザ保健省によると幼児を含む4人が死亡、40人が負傷した。

 ロケット弾は、ガザ地区を実効支配するイスラム組織ハマスや武装組織「イスラム聖戦」が発射したとみられる。「イスラム聖戦」は同日、ロケット弾を発射する動画を公開し、前日の3日に、イスラエル軍がガザ地区を空爆したことへの報復だとしている。















「5/4」


ワシントン(CNN) CNNは6日までに、北朝鮮が4日に実施したロケット発射実験の様子を捉えた衛星画像を入手した。画像には煙の跡が写っており、分析に当たった研究機関によると、短距離弾道ミサイルが発射された可能性が高い。

ミドルベリー国際大学院東アジア不拡散プログラムの責任者、ジェフリー・ルイス氏は「発射の場所、太い煙状の排気、煙の跡が1つしかないことを踏まえると、北朝鮮が宣伝資料で示した短距離弾道ミサイルだとみられる」と述べた。

今回の画像2枚はミドルベリー国際大学院がCNNに提供した。

米当局者はCNNに対し、初期分析の結果として、発射されたのは「多連装ロケットシステム(MLRS)と短距離弾道ミサイルとみられる物体の両方だ」としている。

















「5/5」


ロシアの首都モスクワのシェレメチェボ空港で5日、乗客乗員78人を乗せたロシアのアエロフロート航空機が緊急着陸した直後に炎上し、少なくとも41人が死亡した。

炎上したのは、乗客73人と乗員5人を乗せたアエロフロート航空1492便(スホイ・スーパージェット100型機)。シェレメチェボ空港を5日午後6時2分に出発し、同国北西部ムルマンスクへ向かう予定だった。

離陸直後、乗員は機体が「機能不全」に陥ったとして遭難信号を発信した。

アエロフロート航空の声明によると、シェレメチェボ空港に緊急着陸した後、滑走路上で機体のエンジンに引火した。

同社は、事故発生から55秒後に避難した乗員は「乗客を救うためにあらゆる手だてを尽くした」としている。

ソーシャルメディア上に投稿された複数の動画では、乗客が緊急脱出スライドを滑り降り、事故機から逃げ出す様子が確認できる。













////////////////////////////

















GW3日間でおこった 領空権の問題、


世界に波及し、連動してる気がします。















パレスチナ問題 🚀





















PS:







ハマス 新リーダーの名は、


Yehiyeh Sinwar















コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM