世界情勢 🇺🇳

  • 2019.06.23 Sunday
  • 10:38











トランプ米大統領は21日、イランの精鋭部隊「革命防衛隊」による米国の無人偵察機撃墜への報復として、20日夜にイランに対する軍事攻撃を準備したが、実行の10分前に中止を命じたとツイッターで明らかにした。トランプ氏は、人的被害が出るため「無人機(撃墜)と釣り合わない」と説明した。

【写真で見る】米国の無人偵察機を撃墜したとされる、イランのミサイルシステム

 ツイッターによると、攻撃計画では3つの目標を選定。犠牲者数の見込みについて「将官から150人との返答があった」とした。トランプ氏は「私は急いでいない。米軍は出動の準備ができている。イランは決して核兵器を持つことはできない」と警告し、なお軍事攻撃の可能性があることを示唆した。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は20日、トランプ氏が無人機撃墜への報復として軍事攻撃を承認したが、同日夜に撤回したと報じていた。

 トランプ氏は同日、ホワイトハウスで記者団に対し、無人機撃墜について「イランは大きな過ちを犯した」と非難。今後の対応に関して「今に分かる」と述べていた。

 米連邦航空局(FAA)は20日、米国の全航空会社に対して、イラン近海の上空の飛行を禁止する通達を出した。ロイター通信によると、FAAの通達を受け、英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズやKLMオランダ航空、オーストラリアのカンタス航空などがイラン近海上空の飛行を避ける措置に着手している。














米ハワイ州オアフ島北部の飛行場近くで21日午後、スカイダイビングのツアー客を乗せた双発エンジンの小型機が墜落、9人全員が死亡した。地元当局が発表した。死者の身元などは明らかにされていないが、地元テレビは3人がツアー客で、6人が乗員だったと報じた。

 事故機は飛行場のフェンス付近で墜落し、炎上した。消防当局が消火作業に当たった。原因は不明。米連邦航空局(FAA)は調査に乗り出した。ハワイの日本総領事館は、日本人観光客が巻き込まれていないか情報収集を進めている。

 現場はサーフィンで世界的に有名なノースショア近く。









//////////////////////















まるで映画のような10分間だったと思います。


直感的判断で、戦争を回避。



なでしこジャパン 🇯🇵 は、


次戦は オランダ代表🇳🇱












EX)









Stranger = (日本語) 異邦人



Dark knight Rises in 香港🇭🇰.










コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM