2022年のテロのサイン? 🕛

  • 2019.07.11 Thursday
  • 23:33















輸出優遇除外:韓国業者「フッ化水素、大幅に足りない」…日本の報復が現実に



「日本製部品の輸入、今月2日から事実上の遅れ」

「1週間で終わった許可審査が90日間に」

 「既に輸入遅延が始まっています。1カ月分の在庫がなくなれば工場の稼働を止めるしかありません」

 5日、本紙の電話取材に、サムスン電子・SKハイニックスと取引するフッ化水素加工業者会社の副社長A氏が語った言葉だ。A氏「日本政府は今月1日に『4日からフッ化水素など3品目を個別許可輸出物資に変える』と言ったが、既に2日から適用されて輸入に遅れが生じている」と語った。








..............................................













Netflixドラマ 「Stranger Things3」に


登場する「謎の装置」。



(独立記念日に怪物=カリフォルニア地震)



















映画「Batman Begins」では、


大量の麻薬を水蒸化装置で列車から


街中を麻薬中毒者にさせるテロの物語。











////////////////////////


















これでピン💡と来た人は、


「オウム真理教 地下鉄サリン事件」



と思うはず。












「Tube = 地下鉄」と考えると、


「サリン事件 = ハッカー攻撃」版にも



思えます。



















世界の中枢のネットワークにウイルスを盛り


中枢機能を麻痺させる


テロのサインに思えます。















時期は、不明ですが 仮定のハッカー攻撃が


報復が目的と考えると.........
















2年半後頃から だろうか?














Vertigo 2022~ 2023


{ ex ...... パーキンソン病 }






















PS:









西暦2022年、多くの反逆を起こしたネクサス6型レプリカントは4年の寿命年限を迎え死滅した。それに代わってタイレル社は寿命年限のないネクサス8型の製造を開始した。一方、社会では人間至上主義運動が過熱し、登録データ上でレプリカントとみなされた者たちが相次いで襲われ、虐殺される事件が多発する。

戦闘用レプリカントのイギーと慰安用レプリカントのトリクシーは、登録データを消し去るためテロ活動を決行する。トリクシーを慕う人間の協力者レンが偽の暗号コードで核弾頭ミサイルを発射させ、高高度で爆発させる。その電磁パルスが電子機器を破壊し、ロサンゼルスの高層ビル群は停電の闇に覆われる。イギーとトリクシーはトレーラーを乗っ取り、バックアップシステムを破壊するためデータセンターを襲撃する。

このブラックアウト(大停電)事件の後、レプリカントの製造は禁止され、タイレル社は倒産。ウォレス社による新型レプリカント開発まで10年の空白が生まれた。

















コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM