トミカヒーロー レスキューフォース爆裂MOVIEマッハトレインをレスキューせよ! 🚃

  • 2019.08.01 Thursday
  • 02:19












地下鉄サリン事件の記憶。










.....................














トミカヒーロー レスキューフォース
爆裂MOVIE
マッハトレインをレスキューせよ!













世界を一周できる超特急列車・マッハトレインがドクトル・マドゥと名乗る人物に乗っ取られた。多数の乗客を乗せたマッハトレインがこのまま暴走を続けると、史上最悪の大惨事になりかねない。それを阻止するため、レスキューフォースが緊急出場するが、ネオテーラの度重なる妨害に遭ってしまう。










「なんか 敵3人が 逆になってねえか?」

















////////////////////////
















さすがに見ていない子供向け映画なのですが


ドクトル・マドゥが 

イスラム過激派である可能性は高いです。
















2015年8月21日、乗客554名を乗せたアムステルダムパリ行きの高速鉄道タリス車内でトイレに入ろうとしたフランス人の乗客がトイレ内で自動小銃AK-47の装填音に気づき[2]、出てきたところを取り押さえようとしたところ、男が自動小銃を発砲した[1]。このときフランス系アメリカ人の乗客が被弾し重傷を負った[1]。発砲が起きると乗務員は客室の通路を走って乗務員室に逃げ込みをかけた[3]。乗客達が乗務員室の扉をたたき開けるよう求めても乗務員は扉を開かなかった[3]

しかし、乗客のアメリカ軍人2名(アレク・スカラトス、スペンサー・ストーン)、アメリカ人大学生(アンソニー・サドラー)、フランス在住イギリス人ビジネスマン(クリス・ノーマン)が男を取り押さえ、制圧に成功した[1][4]。アメリカ空軍兵士であるスペンサー・ストーンは犯人にカッターナイフで切り付けられ、首と手を負傷した[4]。犯人を取り押さえたアメリカ人3名は友人であり、幼馴染でもあった。オレゴン州兵であるアレク・スカラトスが、アフガニスタン駐留から帰国したのを祝っての旅行のため3名はタリスに乗車していた[1][4][2]。犯人はシリアへの渡航歴もあるイスラーム過激派の26歳のモロッコ国籍の男で事件前から情報機関にマークされており[1][4][5]、事件当時はAK-47のほかにも複数のナイフや拳銃を所持していた[2]

また、搭乗していたフランス人俳優のジャン=ユーグ・アングラード警報器を鳴らそうとしてガラスをたたき割り軽傷を負った[1]。また、乗務員が乗務員室に逃げ込み、扉を施錠して閉じ籠ったこともあり乗客全員が殺害されることを覚悟したと述べている[3]

スペイン政府のテロ対策機関は、犯人が2014年まで7年間、スペインに居住しており、ベルギーには短期間居住し、フランスを経てシリアへの渡航歴があったことを公表している。









「3人がドクトル・マドゥを止めた実話🇲🇦」
















PS:








大佐は、イスラム過激派 説


http://alan-smithee.com/?eid=6135
















「葬式と結婚式」...... 狂気




Cars2  🚗











コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM