三菱重工業 🕵

  • 2019.08.08 Thursday
  • 06:34









2003年


園部会長は、三菱のリコール事件で引責辞任した当時の河添克彦社長の後任として、急きょ抜てきされた。リコール事件で業績が悪化し、ダイムラークライスラーの増資を受け入れた三菱の先頭にたって信頼回復に務めてきた。その後、再建計画通り、3年ぶりに黒字転換したのを機に、社長ポストをダイムラーのロルフ・エクロートに譲り、自ら会長に退いた。

園部氏の急死で、三菱の経営陣に生え抜きはゼロとなり、今後一層ダイムラー色が強まる見込みだ。三菱は業績悪化に加え、トラック脱輪事故による家宅捜査を受けたり、部品の火災に見舞われて、ただでさえ士気が下がっている。今回生え抜きの社員の精神的な支柱だった園部氏の急死で、社内は大きく動揺しそうだ。










久保 富夫

1908年11月 - 1990年3月22日


当時のヒュンダイは小型車の開発をめぐりフォードからの技術協力関係に軋轢が生じて、独自モデルの開発技術提携相手がいなかったが最後に三菱自動車を訪れたところ久保富夫社長が供与してあげたため社長が親韓派だった説を東亜日報は報じている[12]
















〜空白の13年から〜



燃費試験の不正事件編集

2016年平成28年)4月20日17時、

日産自動車との合弁会社であるNMKV

開発した軽自動車JC08モード燃費試験について、

燃費を実際よりも良く見せるため、

国土交通省に虚偽のデータを

提出していたことを明らかにした[43]
















2019年


 韓国の元徴用工らをめぐる裁判の原告が、近く三菱重工業の資産の現金化に着手すると明らかにした。 徴用工裁判をめぐる日本企業の資産を売却する手続きに入るのは、日本製鉄と不二越に続き3件目。

 原告側が差し押さえているのは、三菱重工が韓国国内で持つ特許権や商標権などおよそ8000万円相当の資産で、近く裁判所に売却命令を請求するといい、三菱重工側からは昨日の期限までに賠償協議に応じるとの回答がなく、「原告の高齢化を考えるとこれ以上先送りすることはできない」としている。














//////////////////////////////
















2003年まで三菱自動車は 親韓派で おそらく


ヒュンダイの従業員も携わっていた開発が


ストップ, さらに日産と提携で 経営が悪化、


もちろん 韓国側にも 6年間 不利益に🇰🇷













出場契約も取り消された。


ここで重要なのは、半導体輸出禁止も


同樣の展開になる危険予測。
















クリスティアーノ(例:三菱自動車)の


体調不良(例:日産問題)が回復するのを


待つしかないと思います。


















批判すれば、余計に悪化すると思いますし。



「白国届 💍」



















離婚が当たり前の時代なら


結婚を よく考えて 決めた方がいいです。



「白国除外届 ❌」






















慰謝料が先行するのが本当に


三菱側は、辛いと思います。
























PS:








振った離婚相手の成功を


年老いてから妬むのは、格好が悪い。














コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM