おやすみ前の昔話 🌙

  • 2019.08.27 Tuesday
  • 03:06







昔 むかし 、



勝負の強いおじいさんがいました。






孫たちは、おじいちゃんに夢中でした。







しかし 隣町の人たちには


ムカつかれました。








悪いヤツが 


おじいちゃんになりすましました。








そしたら 勝ちました。



しばらくして また負けだすと 悪いヤツらは


おじいさんの運が欲しくなりました。









悪いヤツらは、おじいさんを


殺してしまいました。





しかし 全く 勝てなくなりました。











それどころか、大地震がおこり








みんな死にました。












//////////////////////////////















「これ 現実か?」




http://alan-smithee.com/?eid=6203




















そう 続編にも期待 👍





















PS:









民族問題もさることながら、ハプスブルク家にとってもこの帝国の末期は悲劇の連続だった。まず1863年ナポレオン3世の誘いに乗って、フランツ・ヨーゼフ1世の弟マクシミリアンメキシコ皇帝に即位するも、フランス軍がメキシコ大統領ベニート・フアレスの徹底抗戦によって撤退を余儀なくされ、マクシミリアン皇帝はそのまま見捨てられてしまい二重帝国成立と同じ1867年に銃殺刑に処された。1889年には、皇太子ルドルフがマイヤーリンクで謎の情死事件により落命した(暗殺の疑惑も残る)。皇后エリーザベトはこの事件以来いっそう頻繁に旅行するようになるが、1898年に旅行先のスイスで無政府主義者により暗殺された。皇帝は激しく落胆したが、政務に没頭するようになった。暗殺と謀殺はオスマン債務管理局の場外乱闘がもたらしたかもしれない。19世紀後半オーストリア=ハンガリーの産業にフランス資本が主役を演じていたのに対し、普仏戦争ドイツ帝国資本の比重が漸次高まった[2]。1901年、二重帝国における外資総額において、フランス資本が30.3%を占めたのに対し、ドイツ資本は49%にも達したのである[3]












コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM