薄熙来の妻 🇨🇳

  • 2019.10.24 Thursday
  • 22:25














薄 熙来(はく きらい、ポー・シーライ、1949年7月3日 - )は中華人民共和国政治家国務院副総理などを務めた薄一波を父に持ち、太子党に属する。保守派の旗手として第17期中国共産党中央政治局委員兼重慶市党委員会書記を務めたが、薄熙来事件と呼ばれる汚職スキャンダルの摘発により失脚した。同事件は、腐敗摘発とともに、胡温派との権力闘争に敗れたという面がある。













近年、中国が厳しく取り締まっている


政治家の汚職。














それよりも


その妻が殺人鬼だった恐怖の実話。














英国人実業家殺害事件編集

2011年11月、薄一家が懇意にしていた英国人実業家のニール・ヘイウッド英語版(当時41歳)が重慶市のホテルの一室で死体となって発見された。この事件について重慶市当局は当初、急性アルコール中毒による事故死として処理しており、遺体は検分されないまま火葬されていた。しかし、英国人実業家は禁酒家だったため、殺人の疑惑が急浮上した[2]。英国人実業家は薄一家と懇意であったことから、イギリスは中国に事件の全容解明を要請した。そのため、重慶市公安局は英国実業家事件の再捜査にあたることになった。

その後の再調査で、2011年11月15日に薄熙来の妻である谷開来は薄熙来の生活秘書と共謀し、薄熙来の生活秘書が英国人実業家に青酸カリを飲ませて殺害させていたことが明らかになった。英国人実業家は薄一家の不正蓄財した資産を海外移転する役割を担っていたが、谷開来が英国人実業家と諍いを起こしたことが殺害のきっかけとなった。




王立軍事件編集

2012年2月6日、重慶市副市長である王立軍アメリカ亡命するために成都市のアメリカ総領事館に駆け込む事件が発生した。王立軍は直前まで重慶市副市長兼重慶市公安局長として薄熙来が唱えたマフィア撲滅運動を主導しており、薄熙来の側近であった。

この情報はすぐに薄熙来及び北京にも伝達された。これにより、中国政府はアメリカ大使に対して王立軍の無条件の引き渡しを求めるなど、王立軍奪還に全力を注いだ。北京の情報機関が対テロ部隊を、重慶が武装警察をそれぞれ動員しており、成都市のアメリカ総領事館は異常な緊張感に覆われていた。

最終的にアメリカ側が折れ、黄奇帆重慶市長が総領事館に入ることに応じた。2012年2月7日に王は中国政府が安全を確保することに同意した3つの同一書面をアメリカ総領事、重慶市長、王立軍自身の3者を持つことを条件に、王立軍は重慶市長と一緒に総領事館に出ることに応じた。

王立軍事件の少し前の2012年1月28日に王立軍が薄家を訪れた際に、英国人実業家死亡事件についてプレッシャーを感じた警察官が辞表を出してきたと報告した。薄熙来はこの報告について王立軍による脅しと解釈して重慶市公安局長を解任したが、王立軍の立場を考慮して重慶市副市長のポストに一部の形式的な役職を加え、名誉職に祭り上げた。しかし、王立軍はこの人事に不信感を持ったことが亡命未遂事件のきっかけとなった。

なお、王立軍がアメリカ総領事館に駆け込む際に3枚のDVDを持ち込んでおり、その中には谷開来が英国人実業家の殺害にかかわっていたことを示すデータが収められていると報じられていた。その後、亡命を断念した王立軍は北京にある特殊尋問基地に移された後は、英国人実業家殺害事件について知っていることを証言した。



不正蓄財事件編集

王立軍事件に端を発した英国人実業家殺害事件により、薄一家の豪華な生活が注目された。薄熙来は高級スーツを身にまとい、重慶に大豪邸を構えていた。また、海外留学している息子は豪華マンションに居住して高級車を乗り回す等の豪遊をしていた。共産党機関紙の人民日報は薄熙来の重慶市共産党委員会書記としての月給は1万元(約13万円)と報じていた。これについて、薄熙来は3月9日の記者会見で弁護士である妻の法律事務所の収入や息子の奨学金などの理由に弁明していたが、それで薄熙来の財産の説明にはならず、中国共産党幹部である薄熙来の権限による不正蓄財の疑いが濃厚であった。

また、薄熙来の兄や谷開来の姉は中国の大企業幹部であったが、これらは薄熙来の政治的影響力を利用したものとされていた。

その後、薄熙来が大連時代に知り合った大連実徳集団会長の徐明が、薄一家の不正蓄財の資金源の1人であることが明らかになった。徐明は逮捕され、懲役4年の判決を受け服役していたが、2015年12月に獄中で死亡[3]心筋梗塞とされるが、死後直後に火葬された[4]








////////////////////////


















韓国のソウル中央地検は24日未明、名門大への娘の不正入学やファンドの不正投資といった一連の疑惑で、チョ・グク前法相の妻で東洋大教授のチョン・ギョンシム被告を逮捕した。地検は、チョン容疑者を疑惑の核心人物とみており、夫のチョ氏に対しても事情聴取し、関与について追及する方針。














自由韓国党へのシナリオなのは、


最初から知っていた話。














ホームアローンも、グーニーズも。



http://alan-smithee.com/?eid=6314




















PS:









ネタ?



貧乏人呼ばわりし続けた奴が


災害に遭ったのでコッソリ募金したのに

今度は、


巨人が負けたなどと八つ当たりして来た話。













.... まず野球に興味がない。















💢











コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM