Netflix 「アースクエイクバード」🎬

  • 2019.11.15 Friday
  • 20:58












解説

イギリス人作家スザンナ・ジョーンズの小説を原作にしたサスペンス。日本在住の外国人女性が、友人の死に巻き込まれる。メガホンを取るのは『アリスのままで』などのウォッシュ・ウェストモアランド。

Yahoo!映画

あらすじ

日本で暮らしていたリリー(ライリー・キーオ)が行方不明になった後、死体で発見され、リリーの友人だったルーシー(アリシア・ヴィキャンデル)に疑惑の目が向けられる。リリーとルーシーの間には、謎めいたカメラマンの禎司(小林直己)の存在があった。













偽翻訳 (汝、盗むべからず)なお話。














現実の犯人はカメラマンではなく

トイレの盗撮魔。

















////////////////////////
















ルーシー・ブラックマンさん事件(ルーシー・ブラックマンさんじけん)とは、2000年7月に神奈川県逗子市イギリス人女性ルーシー・ブラックマン (Lucie Blackman) が強姦されて死亡した事件。














犯人織原城二(金聖鐘)1952年大阪生まれ[2]で、在日韓国人の親を持つ[3]貸しビル会社社長[3]。貧しい移民[4]から不動産会社・駐車場タクシー会社・パチンコ屋の経営者となった父を持ち、裕福な環境で育った[2]。17歳のときに父を亡くし、2人の兄弟とともに莫大な遺産を相続した[5]リチャード・ロイド・パリーは、貧しい移民から裕福になった家族のもとで甘やかされた経歴がこの犯罪に影響を与えた可能性を示唆するが、「同様の経歴を持つ人は多い」("But there are many people with similar backgrounds") ためこれだけでは犯行の原因は説明できないとする[6]

慶應義塾高等学校入学とともに単身上京し、父親から与えられた田園調布の家政婦つきの一軒家で生活していた[7]。高校在学中、1969年頃からアルコールクロロホルム睡眠薬の使用による昏睡レイプを始め、1995年まで209人の女性に対する性的暴行をノートに記録していた[8]1971年韓国籍から日本国籍に変更[9]

高校卒業後、慶應義塾大学への内部推薦を辞退し、駒澤大学への在学を経て3年間アメリカ合衆国スウェーデンに遊学した[10]。当時、カルロス・サンタナの知遇を得たと自称している[10]1974年ごろに日本へ帰国し、慶應義塾大学法学部法律学科と政治学科を卒業した[11]

30代以降に家業の駐車場経営や不動産業で成功し、総資産が40億円に達した時期もあるが[12]、2000年に本事件で逮捕される前にはすでに事業で失敗していた。1999年には自宅を一時的に差し押さえられたほか[13]、逮捕されるまでの18ヶ月間に複数の所有物件の差し押さえを受けていた[14]。この間、1983年には前方の自動車に追突する交通事故を起こし、1998年には和歌山県白浜海岸で女子トイレの盗撮事件を起こしてそれぞれ罰金刑を受けていたほか、1998年以前にも同様の性犯罪による逮捕歴があった[15]












コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM