ヘヴンズバーニング 🎬

  • 2019.11.19 Tuesday
  • 13:50














ミドリ・タカダ(工藤夕貴)は、結婚したばかりの夫ユキオ(磯村健治)とシドニーに到着した。ミドリは、この結婚は間違いだと考えており、この新婚旅行を利用し、ホテルから脱出して姿をくらまそうとしていた。ミドリは銀行へ出かけるが、たまたまそこで銀行強盗に出くわしてしまう。

コリン・オブライエン(ラッセル・クロウ)は、手練の逃走屋。銀行強盗を計画するアフガニスタン系オーストラリア人の一家に雇われていた。襲撃の最中に、強盗団のひとりが銀行の防犯扉に挟まれてしまい止むを得ず射殺し、強盗団はミドリを人質にとって逃走する。

市街地から離れた荒れ地で、強盗団は人質を処分することを決める。ミドリがそのまま殺されるのを見かねたコリンは、強盗団のひとり弟を殺し、残った兄のマフード (ロバート・マモーネ) に撃つぞと脅しミドリと逃走する。コリンは父親キャム(レイ・バレット)の農場へ向かおうとする。ミドリは計画通りに姿をくらます好機と見て、コリンと行動を共にし、逃避行の中で2人は絆を強める。

マフードは家に戻り、兄弟たちが殺されたことを知る。父親ブルジャン(ペトル・ゲオルグル)は復讐を誓い、コリンとミドリを追跡する。一家を監視していた警察もコリンの行方を追う。

ユキオは新妻ミドリが事件に巻き込まれたことを聞かされるが、彼女が自分の許から去ったことは解っていた。誇りを傷つけられたユキオもまた、ミドリへの意趣返しのために追跡を始める。

こうして、ストーリーはロードムービー的展開となり、程なくして恋人同士になりそうな2人が、ニューサウスウェールズ州を横断して逃避行を続けるのを、警察、ユキオ、強盗団一家が、それぞれの目的をもって追いかけるという展開になる。



















アフガン系オーストラリア人の銀行強盗?



正直、意味不明だが.........














////////////////////////



















言いたいことはわかるが














ズレてる隣人偽証。
















コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM