伊藤忠社員に懲役3年 🇨🇳

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 18:03















【北京時事】昨年2月に中国広東省広州市で中国当局に拘束された大手商社・伊藤忠商事の40代の日本人男性社員に対し、同市の中級人民法院(地裁)が先月15日に国家安全危害罪で懲役3年、財産15万元(約230万円)の没収を命じる判決を言い渡していたことが26日分かった。日中関係筋によると、男性は上訴せず、実刑判決が確定した。

 中国では2015年以降これまでに、スパイの疑いなどで日本人14人が拘束されたことが判明。解放された5人を除く9人が起訴されたが、今回の判決で9人全員に懲役3〜15年の実刑判決が下されたことになる。日本外務省によると、このうち7人の判決が確定し、2人が上訴している。

 伊藤忠の男性社員は、スパイ行為などを取り締まる国家安全局に拘束され、昨年6月に起訴されていた。














お爺さんのよくわからない揉め事。

予兆的な問題は、最近にも。













20年前のように

グリーンが盗まれそうな話。


お爺さん!支配欲が強欲すぎです。










////////////////////////















100歩譲って


伊藤忠内では おそらく.......












=「グッドフェローズ」














PS:









強欲な ヴォイドアウト。










コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM