相棒 X-day 💸

  • 2020.03.13 Friday
  • 16:11













東京明和銀行本店システム部員・中山の遺体が発見された。側には燃え残った数十枚の一万円の札束が落ちていた。現場に急行した伊丹らがそれに首をかしげていると、サイバー犯罪対策課の岩月が現れた。数日前、謎のデータがネット上にアップされ、その後削除されるという事件が発生、そのデータの発信元が中山のパソコンであることを突き止めたサイバー犯罪対策課は、不正アクセス容疑で中山をマークしていたという。畑違いの2人はお互いに対立しながら捜査を進める。

2人は中山の上司だった朽木に事情を聴く。彼によると、中山がバラまいていた謎のデータは“単なるマニュアル”の一部だという。伊丹は同じデータを朽木に提出させるが、岩月が分析すると、謎のデータとは違うことが分かった。2人は朽木に不審を抱く。

一方、首相補佐官となっていた雛子は財務省族議員の戸張から、サイバーテロから日本を守るための新たな法律の制定をもちかけられていた。戸張に不審を抱いた雛子は、特命係を離れ警察庁長官官房付になっていた神戸にあるデータを手渡す。神戸はそのデータの分析を、休暇でロンドンに滞在中の右京に依頼する。

対立しながらも捜査を進める伊丹と岩月は、やがて巨大な権力に捜査を阻まれ、岩月はデータに隠された恐ろしい真実を知ることになる。















サイバーテロとオリンピックと暴落と


なんの関係があるんだ?








/////////////////////////
















サイバーテロ?















いつ頃でしょうね。















PS:







相棒X-Dayより


「一方、首相補佐官となっていた雛子は財務省族議員の戸張から、サイバーテロから日本を守るための新たな法律の制定をもちかけられていた。」

























ハッカーにご注意。

















思い出したくもない😡











コメント
コメントする








    

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM