Man of Medan 🛳

  • 2020.05.13 Wednesday
  • 22:03












資産家斎藤英治の顧問弁護士であるジャック・ミラーは彼とその妻、百合と3人でヨットクルーズに出かける。ジャックは幼少期に水の事故に関するトラウマがあり不安であった。さらに彼は百合と不倫関係にあり英治には秘密にしていた。夜になる中、ヨットのスクリューに何かが絡まり身動きが取れなくなってしまう。英治には先妻の直美がおり既に死亡していた彼女の亡霊がスクリューに絡みつき襲いかかってきたのだ。3人の関係を含めた恐怖の一夜が始まった。











休日のダイビング旅行へと繰り出した5人の若者達。

 海に沈んだ、第2次世界大戦中の戦闘機が見られる絶好のダイビングスポットで楽しい休暇を過ごしていた。

 しかし、とある嵐の日を境に、彼らの旅行は突如として不吉なものへと変わる。











////////////////////















第2世界大戦で使われた


細菌兵器が発見される物語。
















その細菌兵器は、全身の免疫系を破壊し


数日 死に至らしめる設定。















一体、誰の指令によって


細菌兵器は製造されたのか?















もしも電車内なんかに
















撒かれたりすれば.........🌂☠


















悪魔も死神も敵に回すことになる。






















サイエントロジー英語: Scientology)とは、L・ロン・ハバードが創始した新興宗教である。アメリカ合衆国フロリダ州に本拠地を置いている。

使用されている用語などは伝統的な宗教よりも自己啓発セミナーに似ている。実際、サイエントロジーで実践されているダイアネティックスがその最初期の形態だった頃、「これは科学である」と彼らは主張していた。









ジヌーXenuあるいはXemu(発音は/ˈziːnuː/[1][2][3]))は、サイエントロジーの創設者でSF作家L・ロン・ハバードによると、「銀河連合」のかつての独裁者で、七千五百万年前に何十億[4]という市民をダグラス DC-8に似た宇宙船で地球に連れて来て、火山のふもとに積み上げて、水素爆弾で殺した。サイエントロジーは「殺害はしたものの、これら多くの人々の精は残っており、現代になって生じてきた人間は、元からいた人間たちにスピリチュアルな害を与えている」ということを信じている[1][5]サイエントロジー教会のメンバーはジヌーの物語を広く否定し、隠そうとしている[6][7]




















PS:












「トムさん? パノラマ奇談!」












コメント
コメントする








    

selected entries

categories

archives

links

search this site.

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM